ホーム > 現代美術作家 > エルスワース ケリー > エルスワース ケリー略歴


エルスワース ケリー
Ellsworth Kelly(1923- )

 1923年  5月31日ニューヨーク州ニューバーグに生まれる
        1940年までニュージャージー州で幼少期を過ごす

 1941年  ブルックリンのプラット・インスティテュートに入学 

 1943年  アメリカ陸軍で兵役に付き、イギリスへ派遣される
        その後パリを訪れる 

 1946年  ボストン美術館美術学校で素描と絵画を学ぶ

 1948年  パリに渡り、エコール・デ・ボザールで学ぶ (-1954)

 1949年  植物画を描き始める
        ピカソのコラージュ「パイプを持った学生」(1913-14)に魅了され、
        後にコラージュはケリーの仕事の中でも重要なものとなる
        マース・カニンガムやジョン・ケージと出会う  
  
 1950年  パリのアメリカンスクールで教える
        アルプ、ピカビア、ブランクーシなどのヨーロッパ作家を訪ねる

 1951年  アルノード・ギャラリー(パリ)で最初の個展を開催
        南仏サナリーで制作活動
        多数の単色パネルから成る最初の作品「Colors for a large wall」を制作

 1952年  サナリーを発ち、ジヴェルニーのモネのアトリエを訪れる
        ジャコメッティやカルダーと出会う 

 1954年  ニューヨークにアトリエをかまえる
        ケージからロバート・ラウシェンバーグに紹介される

 1956年  ベティ・パーソンズ画廊でアメリカにおける初個展開催
        (以後57、59、61、63年)

 1957年  ホイットニー美術館の 「ヤングアメリカ1957」 展に出展 

 1958年  カーネギー・インスティテュートのピッツバーグ国際展に出展
        (以後61年、64年) 

 1959年  ニューヨーク近代美術館の 「アメリカ16人」 展に選ばれる 

 1963年  ワシントン近代美術館ギャラリーで回顧展 

 1964年  第3回ドクメンタ (ドイツ、カッセル)に出展
        26点の色の抽象形態と28点の植物ドローイングのリトグラフを初めて制作 

 1965年  ニューヨーク、シドニー・ジャニス画廊での初個展
        (以後71年まで定期的に開催)


 1966年  第33回ベニス・ビエンナーレ展に出品 

 1967年  ソロモン・R・グッゲンハイム美術館(ニューヨーク)で開催の
        「グッゲンハイム国際展覧会 20か国からの彫刻」に出品

 1969年  メトロポリタン美術館の「ニューヨーク絵画と彫刻:1940〜70」展に植物
        ドローイング30点を出展
        パリのユネスコ本部から壁画制作を依頼される 

 1970年  二ューヨーク州、チャタムにアトリエを移す
        異なるサイズのカンヴァスを組み合わせるなどの試みを行う 

 1972年  バッファロー、アルブライト・ノックス美術館で回顧展 

 1973年  ニューヨーク近代美術館で回顧展「エルズワースケリー」を開催 
        レオ・カステリ画廊で個展 (以後、92年まで定期的に開催)

 1976年  カラード・ペーパー・イメージ、スクリーンプリント作品を制作
 
 1977年  ペーパー・パルプ・ワーク、スクリーンプリント・リトグラフを制作 

 1978年  タイラー・グラフィックスで複数制作の彫刻と版画を制作

 1979年  メトロポリタン美術館で絵画と彫刻の近作展
        アムステルダムのステデリック美術館で大回顧展

 1980年  タイラー・グラフィックスでリトグラフを制作

 1982年  ホイットニー美術館(NY)で回顧展「エルズワースケリーの彫刻」開催

 1984年  ワシントン・ナショナルギャラリーがケリーの部屋を設ける

 1987年  デトロイト美術館(ミシガン)で「エルズワースケリー版画回顧展」開催

 1989年  ダラス、シンフォニー・ホールにカラー・パネルの大作を設置 

 1991年  ホイットニー美術館(NY)で開催の「1991年ビエンナーレ展」に出品

 1992年  ジュードポーム・ナショナル・ギャラリー(パリ)で個展を開催
       「ドクメンタ」展(ドイツ、カッセル)に出品

 1996年  ニューヨク、グッゲンハイム美術館で大回顧展

 2000年  高松宮殿下記念世界文化賞・絵画部門受賞

エルスワースケリー画面に戻る