ホーム > 現代美術作家 > ヨーゼフ・ボイス > ヨーゼフ・ボイス略歴


ヨーゼフ・ボイス
Joseph Beuys(1921-1986)

 1921年ドイツ北部クレーフェルト生まれ。

 40年空軍に入隊しパイロットとなる。終戦後にデュッセルドルフの美術学校で彫刻を学ぶ。

 彫刻家として、兎、コヨーテ、脂肪、銅、フェルトといったマテリアルを繰り返し用いたが、

 それらは戦争中の体験からきたものだと自ら語っている。※

 60年代にデュッセルドルフが現代美術の拠点のひとつとなった頃、ナム・ジュン=パイクと

 フルクサスの活動に参加。

 それを媒介として、アートは社会の中でより広くどのようにその役割を演じることができるかを

 進化、発展させていった。

 その後、巨大な彫刻や小さなオブジェ、ドローイングやインスタレーションなどを次々と発表。

 その活動は精神経済や直接民主主義の提唱などにまで及んだ。

 86年デュッセルドルフにて没。



 ※戦時中、パイロットだった彼は撃墜されヨーロッパのはるか北方に不時着します。

 彼を発見したのは北方の狩猟民族です。彼らはボイスの体にラードをあつく塗りフエルト

 の毛布でくるみ看護します。

 その伝統的な看護法によって、ボイスは奇跡的に命をとりとめるのです。

 彼はこの体験を、科学・技術の挫折と自然による人間の救済を語る神話とします。

 その神話に基づくパフォーマンスやインスタレーションは自然の本来の姿を復活させ理想の

 社会を形作るための営みと位置づけられました。

 その一つをあげれば、かつてヨーロッパに存在した森林の復活を訴え、カッセルのドクメンタ

 に出品された「七千本の樫の木」があります。

 ヨーロッパ古代の自然に現代社会の救済を求めるその表現は、アメリカで展開されたコン

 セプチュアル・アートとは異質です。

ヨーゼフ・ボイス画面に戻る