ホーム > 現代美術作家 > ミンモパラディーノ > ミンモパラディーノ略歴

ミンモ パラディーノ
Mimmo PALADINO(1948- )


 1948年  南イタリアのベネヴェント近郊パドゥーリ生まれる
 1964年  ベネヴェント美術学校(Liceo Artistico di Benvenuto)で学ぶ(-68)  1977年  ミラノに移り住む  1978年  にニューヨークに渡り、居をかまえる  1980年  ヴェネツィア・ビエンナーレに出展  1982年  ビエンナーレ・オブ・シドニーとカッセルで開かれたドクメンタ7に出展  1980年代「トランスアバンギャルド」として知られる表現主義リバイバルの一翼を担った    現在はパドゥーリに住んで制作を続けている   クッキ、キア、クレメンテとともに1980年代イタリアの新表現主義を代表する画家   原始、古代、中世などの歴史感覚に基づいた独自の図像を断片的に併置、また抽象   的な図形も併せ用いることで物語の意味を二次的なものとし、絵そのものが喚起す   る意味や神秘を強く押し出す   彼の作品は人間の苦悩、悲哀、安堵などの寓意であるが、一貫した物語とはならず、   ただ眠りに似た謎が漂うばかりである
ミンモパラディーノ画面に戻る
カウンター