ホーム > 現代美術作家 > 今井俊満 > 今井俊満略歴


今井俊満(1928-2002)

 1928年  京都嵐山に生まれる

 1952年  渡仏

 1954年  作品が具象から抽象への変貌を遂げる(-55)

 1955年  サムフランシスを通じて、アンフォルメル運動を推進していた評論家
        のミッシェルタピエと知り合って、日本人として初めて参加

 1956年  情感を直接的に画面にぶつける厚塗りの絵画を展開した

 1957年  画家サム・フランシスらと一時帰国してアンフォルメル旋風を巻き起こし、
        ベネチア・ビエンナーレやサンパウロ・ビエンナーレに日本代表として出品
        世界各都市で個展やグループ展を開催

 1962年  日本現代美術展優秀賞受賞

 1975年  フランス・アングラジュマン・オ・プログレ名誉勲章

 1979年  紺授褒賞受賞

 1980年  ニューヨークシリーズを発表

 1983年  フランス芸術文化勲章(オフィシエ)
        作風を大きく変え日本の伝統的美的概念を取り入れた「花鳥風月」シリーズ制作

 1992年  ONDE(水の流れ)シリーズ制作

 1994年  オマージュシリーズ制作

 1996年  広島や長崎を主題にした戦争シリーズ制作

 1997年  フランス芸術文化勲章コマンドール受章

        晩年はがんで余命わずかと告知を受けながらも、生命感あふれる
        「コギャル」を題材にした個展を開催

 2002年  死去 享年74歳

        ブリーヴ、ダンケルク、リヨン、マドリッド、アンドーラ各市より名誉市民文化功労メダル
        フランス対外通商大臣より功労メダル
今井俊満画面に戻る