ホーム > 現代美術作家 > 荒川修作 > 荒川修作略歴

荒川修作(1936-2010)


 1936年  7月6日名古屋市生まれ
        武蔵野美術学校中退

 1958年  読売アンデパンダン展初出品

 1960年  ネオ・ダダ・オルガナイザーズ結成

 1961年  渡米し、以後ニューヨークに定住

 1962年  マドリン・ギンズと知り合いから共同制作を始める

 1970年  「第35回ヴェネチア・ビエンナーレ」に『意味のメカニズム』出品

 1972年  ドイツでの巡回展示を見た物理学者ヴェルナー・ハイゼンベルクから
        賞賛され、ギンズとともにマックス・プランク研究所に招待をうける

 1982年  紺綬褒章受賞

 1986年  フランス政府より文芸シュヴァリエ勲章を受章

 1988年  ベルギー批評家賞受賞

 1994年  奈義町現代美術館に「遍在の場・奈義の龍安寺・心」設置

 1995年  岐阜県にテーマパーク「養老天命反転地」を建設

 1997年  グッゲンハイム美術館で日本人としては初の個展を開催

 2003年  紫綬褒章受章

 2005年  養老のような空間で日常生活を営めるようにと東京都三鷹市に
       「三鷹天命反転住宅〜In Memory of Helen Keller〜」を建造・販売
        パリ第10大学で荒川修作+マドリン・ギンズをめぐる国際カンファレンスが開催

 2008年  ニューヨーク、イースト・ハンプトンに「バイオスクリーブ・ハウス」を完成
        ペンシルベニア大学で国際カンファレンスが開催

 2010年  5月19日ニューヨーク市内の病院にて死去 享年73歳
荒川修作画面に戻る
カウンター