ホーム > 日本洋画作家 > 有元利夫 > 有元利夫略歴

有元利夫(1946-1985)

 1946年 岡山県津山市(疎開先)に生まれる 

 1953年 台東区立谷中小学校入学
        在学中から油彩を始める 

 1962年 駒込高等学校入学
       絵の道を志す

 1969年 4浪の後東京芸術大学美術学部デザイン科入学
       渡欧した際、イタリアのフレスコ画に強く感銘
       を受けフレスコ画と日本の仏画に共通点を見出
       し、岩絵具を用いることを決心する

 1972年 渡辺容子と結婚
       卒業制作「私にとってのピエロデラフランチェス
       カ」10点連作は大学買い上げ 

 1973年 電通に就職
       デザイナーとして菓子箱や雑誌広告などのを手
       がけつつ個展開催 

 1976年 退社し画業に専念
       芸大の非常勤講師に 

 1978年 「花降る日」で安井賞特別賞受賞

 1980年 「有元利夫展」(彌生画廊)(以降毎年開催)

 1981年 「室内楽」で第24回安井賞受賞 

 1983年 長男誕生

 1985年 2月24日肝臓癌で逝去 享年38歳
有元利夫画面に戻る
カウンター