ホーム > 日本画作家 > 榊莫山 > 榊莫山略歴


榊莫山(1926−2010)

 1926年  三重県上野市(現在の伊賀上野市)生まれる
        京都大学文学部卒業

        旧制中学時代に書を松永楳園に、油絵を佐々木三郎に習う
        戦後、書を辻本史邑に、篆刻を梅舒適に師事
        京都大学文学部で美学を井島勉に学ぶ
    
        辻本史邑が創立した日本書芸院、前衛書家の奎星会で活躍、
        連続して推薦一席や奎星会賞など最高賞を連続で受賞し、
        20代で審査員まで上りつめる

 1952年  大阪に出て難波・東淀川・今里・上町台地を転々
        後、八尾に住むこと17年余り

 1958年  史邑の他界や書壇の体質・構造への疑問からすべての肩書きを返上して野に下った

 1981年  親の死去に伴い帰郷、山国の山中暮らしを続けている
        居を『草庵』と称し、門に『山居』の扁額をかける
        アトリエは『柝庵』と称す
    
 2010年  10月3日、急性心不全のため奈良県天理市の病院で死去 享年84歳

    伸びやかにして奔放自在な書、柔らかなタッチの詩情あふれる風景画、
    仏の温かさが伝わってくる人物画など「詩書画三絶」の新しい世界を切り開いた
    詩情あふれる詩・書・画一体の世界を創出し、幅広い分野で活躍を続けた書家
榊莫山画面に戻る