ホーム > 日本洋画作家 > 伴清一郎 > 伴清一郎略歴


伴清一郎(1950- )
 1950年  滋賀県に生まれる 

 1973年  京都精華短期大学中退 

 1981年  第6回京都美術展新人賞受賞 

 1982年  安井賞展(´87) 

 1986年  個展(大阪) 

 1988年  個展(渋谷西武 ´90) 

 1991年  新風会(蔵丘洞画廊)伴清一郎展(アジ−ル画廊)
        現代日本絵画展(北京) 

 1992年  エミナンス展(川上画廊) 皐月会(日本橋三越本店) 

 1993年  綺奇の会(運慶画廊) 

 1994年  現代絵画の断面展(京都文化博物館)
        イタ−ナル展(画廊大千) 

 1995年  個展(日本橋三越本店) 

 1996年  メティエの画家達(運慶画廊)
        籔内佐斗司・伴清一郎展(新生堂)
        「游神記」-伴清一郎・瓜南直子-(川上画廊) 

 1997年  「ニッポンコスモロジー」 伴清一郎小品展(日本橋三越本店)
        有彩会(なんば島屋) 

 1999年  個展(日本橋三越) 

 2000年  想の会(なんば島屋、日本橋島屋 同’02 ’04 ’06) 

 2001年  個展(札幌、静岡西武) 

 2002年  カレンダー原画展(神戸そごう) 
        個展(日本橋三越) 

 2003年  個展(横浜そごう) 

 2006年  「あめつちの…」-伴清一郎・瓜南直子- (そごう心斎橋本店、所沢西武) 

 2008年  「想の会展」(島屋 巡回展)

 2009年  「ざ・てわざ展」(日本橋三越)

 2010年  「京阪神ゆかりの画家たち」 (高島屋大阪店)
        「ストーリーテラーズ小説と絵画展」(高島屋東京店/横浜店JR名古屋タカシマヤ)

 2011年  「観〇光」ART EXPO 2011に出品
        個展(柴田悦子画廊)

   日本の中世美術や中国の南宋画等、古典の美を追究し独自の世界を切り開いている
伴清一郎画面に戻る