ホーム > 近代美術作家 > アンドレボーシャン > アンドレボーシャン略歴

アンドレ ボーシャン
Andre Bauchant(1873-1958)


 1873年  ロワール地方の町シャトー=ルノーの葡萄栽培業を営む家に生まれる
        幼い頃より歴史と古典を好む 

 1900年  最初の妻と結婚し、新婚旅行で訪れたパリで万国博覧会を体験する 

 1914-18年 第一次世界大戦に従軍

 1916年  憧れだった古典の舞台ギリシアへ派遣され、その地を体感する 

 1919年  復員するも苗木栽培業は破産
        妻は精神を病んでしまっていた為、ブルティエールの森の中へ居住
        本格的に絵を描き始める 

 1921年  パリで開催されていたサロン・ドートンヌへ初出品
        ル・コルビュジエやアメデエ・オザンファンらに認められる 

 1927年  パリの画商マダム・ジャンヌ・ビュシェの計らいで初めての個展を開く 

 1928年  ロシアバレエ団の《ミューズを導くアポロ》から舞台装飾を手がける
        世界的な名声を得たボーシャン作品は、世界各地で展示されるようになる 

 1943年  最初の妻が死去 

 1949年  パリのギャルリー・シャルパンティエにて215点の出品作を誇る大個展を開催
        12月、2度目の結婚。 

 1958年  ロワールの小村モントワールへ移住、絵を描いて晩年を過ごす
        8月12日 死去
ボーシャン画面に戻る