ホーム > 現代美術作家 > ブランヴァンヴェルデ > ブランヴァンヴェルデ略歴

ブラン ヴァン ヴェルデ
Bram Van Velde(1895 - 1981)


 1895年  オランダに生まれる

 1924年  パリに出て独自の制作を始める
 
 1937年  詩人・小説家のサミュエル・ベケットと出会う
        年齢も近いこの二人は無名時代から唯一無二の友情によって結ばれていた、そして
        沈黙の極みから浮かび上がるものをとらえ、困難な過程の果てに差し出される作品
        そしてその後ろにそっと消え去る作者、こうした姿勢は今世紀を生き抜いた二人に
        通うものだった

        その生涯のなかばまで無名の貧乏画家としてすごしたブラン・ヴァン・ヴェルデは
        50歳になってベケットに評価されてようやく注目される
 
 1981年  南仏にて没する
 
 1989年  パリ・ポンピドゥーセンターで回顧点開催
 
 1996年  ジュネーブ・ラト美術館にて生誕100年展開催
ブランヴァンヴェルデ画面に戻る
カウンター