ホーム > 近代美術作家 > ブラック > ブラック略歴


ジョルジュ ブラック
Georges Braque(1882-1965)

 1982年  5月13日パリの装飾画家の家庭に生まれる
        家業のペンキ職人の見習いをしつつ美術学校で学んだ後、装飾画家の資格を
        得るためにパリに出る

 1902年  アカデミー・アンベールでピカビア、ローランサンらと出会う

 1904年  学校をやめて制作を開始
        マルケ、デュフィなどと出会い、フォービズムに参加

 1906年  アンデパンダン展に出品
        レスタック旅行。その後1908年までに計4回訪問

 1907年  画商のカーン・ワイラーと契約ピカソを紹介される
        ピカソが制作中の「アヴィニョンの娘たち」を見て感慨を受け、フォービズムを離れ、
        分析的キュビズムの世界へ向かう
        サロン・ドートンヌでのセザンヌの回顧展も強い感銘を与える

 1908年  作品がサロン・ドートンヌで拒否され、カーン・ワイラー画廊で展示される
        初めての個展となり、キューブといわれる最初となる

 1909年  アンデパンダン展に出品し、ピカソと親交を深める

 1910年  青騎士グループに参加

 1911年  ピカソとピレネーで夏を過す

 1912年  ピカソと共同で家を借りて制作。張り紙を使用したパピエ・コレを制作

 1914年  世界大戦に召集。翌年、負傷

 1916年  除隊

 1917年  制作を再開

 1918年  総合的キュビズムの完成期

 1923年  バレエの舞台装置を手掛ける( -24)

 1928年  「円テーブル」の連作を始める

 1933年  バーゼル美術館で大回顧展

 1934年  ロンドンにて個展

 1936年  プリュッセルで回顧展

 1937年  カーネギー国際大賞を受賞

 1939年  「アトリエ」の連作を始める
        米国のシカゴ、ワシントン、サンフランシスコで回顧展

 1940年  ドイツ軍の侵入でピレネーに逃れる

 1947年  彩色リトグラフ制作をしてマーグ画廊で個展

 1948年  ベネチア・ビエンナーレで大賞を受賞

 1952年  東京で展覧会

 1953年  ルーヴル美術館のアンリ2世の間の天井画完成

 1956年  「鳥」の連作開始

 1961年  ルーヴルで「アトリエ・シリーズ」展

 1963年  8月31日死去

 1965年  ルーヴル美術館でブラック遺贈展
ジョルジョブラック画面に戻る