ホーム > フランス作家 > ブラジリエ > ブラジリエ略歴

アンドレ ブラジリエ
Andre Brasiler(1929− )


 1929年  フランス、ソーミュールに生まれる

 1949年  パリ美術学校に入学、ブリアンションのアトリエで学ぶ

 1952年  フロレンス・ブリュマンタル賞受賞
        シャルル・モレ賞等受賞
        フロレンス・ブリュメンタル賞受賞

 1953年  ローマ・グランプリ賞受賞

 1958年  アトリエ・ムルローにおいて最初のリトグラフを制作する
        パリのドゥルエ画廊において、音楽を主題に初個展  

 1959年  この年より、パリ、ジュネーブ、ニューヨークで定期的に個展開催

 1960年  パリのヴェイユ画廊において展覧会開催
        ヴィルヌーヴ・シュール・ロ賞を受ける

 1961年  青年絵画展でシャルル・モレ賞受賞

 1962年  ニューヨークのデヴィット・フィンドレー画廊において展覧会開催
        シュールロット賞受賞
        サロン・ドートンヌ、サロン・デ・チュイルリー委員となる
        各地ビエンナーレの会員となる

 1964年  ヴェイユ画廊において、ソーミュールの馬術教官をテーマとした展覧会開催 

 1966年  ブリュッセルのギャラリー・コントラストにて展覧会開催
 
 1970年  ブエノス・アイレスにおける「現代フランス具象画パノラマ展」に出品
        ガストン・ルルー『黄色い部屋の秘密』(ソーレ社刊)の挿絵を描く

 1971年  カラカスのガレリア・デ・アルテにおいて展覧会開催
        ニューヨークのデヴィット・フィンドレー画廊において展覧会開催
 
 1972年  ギャラリー・ド・パリにて二度目の展覧会を開催開催
        コレットの中編小説数作(オネトム・クラブ刊)の挿絵を描く
 
 1974年  パリのヴィジョン・ヌーヴェル画廊においてリトグラフとタペストリーの展覧会
        ニューヨークのデヴィット・フィンドレー画廊において展覧会開催
        東京の吉井画廊にて展覧会開催
        画集が日本で初めて出版される

 1975年  サロン・ド・モンジュール賞を受賞

 1976年  イヴ・ファンタスがブラジリエ論を出版

 1977年  ジュネーブのギャルリー・デ・ショードロニエにおいて展覧会開催
        ドイツで初めての展覧会がローランド・ドシュカ教授によりチュービンゲンで開かれる

 1979年  初めて陶器の展覧会をパリのエチエンヌ・サッシ画廊で開催

 1980年  ロワール地方のシュノンソー城において、初の回顧展が開催される

 1982年  日本の5都市において巡回展開催

 1984年  メットラッハの陶器美術館において陶器の展覧会開催
        モナコのルーヴズ・ホテルにおいて展覧会開催
        東京、森工房で大版画『雪の乗馬』『青い池』を制作

 1985年  ニューヨークのハマーギャラリーにて個展開催
        レイナルド・ハーン作「シブレット」(オペラ)の衣装と舞台装飾を担当

 1987年  ヴァンスにてモザイク(15m×3m)を制作
        マルセル・プルースト『スワンの恋』を題材とした作品を印刷局用に制作

 1989年  アンジェにおいて回顧展が開催され、金の木馬賞(アンジェ市名誉勲章)授章
        アカデミー・フランセーズ会員ミッシェル・ デオンの序文を付したヤン・ピションの
        著作『アンドレ・ブラジリエとその変貌』がセギエ社から出版される

 1990年  グレート・イヴェント社より『我が国の自然』が出版される

 1991年  リトグラフ10点を収めたアルバム『ハーモニー』が出版される
 
 1992年  「バガテルのアンドレ・ブラジリエ展」がパリ市庁舎にて開催
         リトグラフのカタログ・レゾネがカリトス社から出版される

 2004年  ドイツ、コンスタンツ湖畔、マイノー城にて展覧会開催

 2005年  サントペテルブルク、エルミタージュ美術館にて回顧展が開催される
ブラジリエ画面に戻る