ホーム>フランス作家>ビュッフェ>ビュッフェ略歴

ベルナール ビュッフェ

Bernard Buffet(1928−1999)

 1928年 7月10日パリに生まれる

 1943年 第二次大戦中、パリ市夜間講座に通い
       デッサンを習う 

 1944年 エコール・デ・ボザールに入学
       母死去、貧窮に苦しみ美校を退学
 
 1945年 セーヌ・エ・オワーズ県の学友の家に
       滞在し、「キリストの磔刑」(パリ近代
       美術館蔵)など本格的な作品を制作
 
 1947年 アンデパンダン展に出品
       注目され始める
       サロン・ドートンヌに出品
       初個展
       パリ近代美術館に作品収蔵
 
 1948年 「批評家賞」受賞
       バレー「部屋」の舞台美術を担当
       ドライポイントを始める
 
 1956年 神奈川県立近代美術館で日本初の
       ビュッフェ展「デッサンと版画」開催
 
 1963年 東京、京都の国立近代美術館にて
      「ビュッフェ展、その芸術の全貌」開催 

 1973年 「ベルナール・ビュッフェ美術館]開館
       (静岡県長泉町)
 
 1974年 バチカン法王庁美術館のアパルタメント
       ボルジャに現代美術コレクションの
       一部として大作8点が収蔵される
       フランス・アカデミー会員に推挙
 
 1980年 初来日 

 1991年 ロシアのプーシキン、エルミタージュの
       両美術館で回顧展 

 1999年 10月4日フランス南部、トゥルト
       ゥールの自宅にて死去
ビュッフェ画面に戻る