ホーム > フランス作家 > カトラン > カトラン略歴

ベルナール カトラン
Bernard Cathelin(1919-2004)


 1919年  5月パリに生まれる

 1945年  パリの国立高等美術工芸高校に入る

 1950年  ブリュメンタル賞受賞

 1965年  「ムルロー工房の版画」のカタログにシャガール、ピカソ、ミロらと共に採録

 1967年  東京吉井画廊で初個展

 1972年  モンテカルロのアンドレ・ソーレ社刊ジルベール・セスブロン「犬と狼の間」
        のため、挿絵として9枚のリトグラフを制作

 1973年  ニューヨーク、東京をはじめ、各地で個展開催

 1976年  母、マドレーヌ・カトラン・テライユの思い出のため、
        リトグラフ50枚をヴァランスの美術館へ寄贈

 1983年  俳句に絵をつけた版画集<俳諧十選>出版

 1984年  東京で「俳諧十選」による小品展

 1987年  リトカタログレゾネの出版記念リトグラフ展開催(大阪・神戸・東京)

 1990年  東京と大阪で開催されたリトグラフ・タペストリー展のため滞在中に制作し
        た6点のリトグラフィ・モニュマンタル(115×235cm)をシカゴで発表

 1995年  フランス大統領ミッテランよりレジオン・ドヌール勲章を授与される
   
 2004年  4月17日、心臓疾患のためパリ市内の自宅にて逝去 84歳
カトラン画面に戻る