ホーム > 近代美術作家 > シャガール > シャガール略歴

マルク シャガール(1887-1985)
Marc Chagall


 1887年  7月7日、ポーランドとの国境に近い旧ロシア(現・ベラルーシ共和国)の町
        ヴィテブスクで敬虔なユダヤ人の両親のもと、9兄弟の長男として生まれる        

 1907年  サンクト・ペテルブルクの美術学校に入学。成績優秀により、奨学金を得る        

 1909年  後に妻となるベラ・ローゼンフェルトと出会う        

 1910年  パリに出る        
        パリでアカデミー・ジュリアンに通う
        アンデパンダ展に出品

 1911年  集合アトリエ「ラ・リュッシュ(蜂の巣))に移り住み、同時代の画家であるモデ
        ィリアーニ、スーチンらと親交を結ぶ。シャガールの初期の作品の多くがこの
        アトリエで制作されることになる。        

 1914年  ベルリンのシュトルム画廊で初の個展が開かれ、反響を呼ぶ
        一次帰国のつもりでヴィテブスクに帰郷するが、大戦の勃発で留まることに

 1915年  ベラ・ローゼンフェルトと結婚        

 1916年  娘イダが生まれる
        この頃より、家族の情景を描いた作品がれるようになる。        

 1919年  ヴィテブスク美術アカデミーで教鞭をとり革命に協力するが、幾何学的な抽象絵画を
        提唱した同校教授のマレーヴィッチ(1878ー1935)などと意見が対立し、校長を辞任       

 1920年  舞台美術を手掛けるようになる

 1922年  ソビエト政府の革命政策に失望しロシアを去り、ベルリンを経て、一家でパリに移る
        最初の銅版画「わが生涯」を制作

 1923年  ゴーゴリーの「死せる魂」ラ・フォンテーヌの「萬話」の銅版画を制作

 1924年  ノルマンディー地方ブルターニュ地方のブレア島などを訪れ、風景画を多く描く
        
 1926年  アメリカのニューヨークで初めての個展が開催

 1931年  ヴォラールの依頼で壮大主題「バイブル」に取り組むためパレスチナへ旅行
        回顧録『わが回想』を出版        

 1933年  バーゼルの美術館で大規模な回顧展が開かれ、画家としての地位を確かなものとする
        ドイツでナチスの勢力が拡大し、シャガールの一部の作品が退廃芸術として焼却される        

 1937年  ドイツの美術館に所蔵されるシャガールの作品全てが、ナチスにより撤去される
        フランス国籍を得る
 
 1939年  カーネギー賞受賞 

 1941年  ナチス政権の迫害から逃れるためにアメリカに渡る
        フランス国籍を剥奪される        

 1942年  ニューヨークでバレエ「アレコ」の舞台美術を手掛ける
        メキシコを訪ねる        

 1944年  最愛の妻ベラが亡くなる、悲嘆のため数ヶ月の間、シャガールは筆を絶つ        

 1945年  シカゴ・アート・インティテュートで回顧展開催

 1946年  ニューヨークの近代美術館において大回顧展開催        

 1947年  パリの国立近代美術館で回顧展が開かれ、戦後初めてパリを訪れる

 1948年  カラー石版画「アラビアンナイト」を発表
        第24回ヴェネツィア・ビエンナーレで、版画部門のグランプリ受賞
        アメリカを去り、パリに戻る        
 
 1950年  南フランスのサン・ポール・ド・ヴァンスに居を構える
        近くに住んでいたピカソ、マティスとしばしば交流する        

 1952年  ヴァランディーナ・ブロツキー(ヴァヴァ)と知り合い、結婚する
        ラ・フォンテーヌの『寓話』が刊行される        

 1954年  ギリシャへ旅行。色彩リトグラフ集「ダフニスとクロエ」制作

 1956年  色彩リトグラフ集「サーカス」制作
        銅版画「バイブル」を発表 

 1960年  エラスムス賞受賞
        フランス文科大臣アンドレマルローはパリのオペラ座の天井画を依頼

 1963年  東京・国立西洋美術館と京都市美術館で回顧展が開かれる
        
 1964年  パリのオペラ座の天井画を完成させる

 1967年  生誕80周年記念でチューリッヒ、ケルンで大回顧展を開催 
        
 1973年  シャガールのための国立美術館「聖書のメッセージ美術館」が開館
        フランスにおける現存する作家のための初めての国立美術館        

 1976年  東京国立近代美術館で個展開催 

 1977年  フランス政府からレジョン・ドヌール最高勲章を受ける
        パリ・ルーヴル美術館で大統領の出席を得てシャガール展が開催される
        
 1985年  3月28日サン・ポール・ド・ヴァンスの自宅で死去。97歳。  
シャガール画面に戻る