ホーム > 近代美術作家 > ジョルジョ デ キリコ > ジョルジョ デ キリコ略歴

ジョルジョ デ キリコ(1888-1978)
Giorgio de Chirico


 1888年  7月10日ギリシャのテッサリアのヴォロスにイタリア人の両親のもとに生まれる
        父エヴァリスト・デ・キリコは、鉄道の敷設を指揮する技師であった

 1891年  弟アンドレア誕生(後にアルベルト・サヴィニオと名乗って画家・批評家として活動)

 1900年  アテネの理工科学校に通う。この頃最初の静物画を描く

 1905年  父死去

 1906年  家族とともに、ギリシャを離れミラノを経てフィレンツェに移住する

 1907年  ドイツのミュンヘンの美術アカデミーに入学
        この頃、ニーチェやショーペンハウエルの思想に影響を受ける

 1909年  ミラノに移住する

 1910年  フィレンツェに移住、弟はパリへ移住
        最初の形而上絵画を手がける

 1911年  パリへ移住

 1912年  3点の絵画をサロン・ドートンヌに出品

 1913年  パリのアンデパンダン展、サロン・ドートンヌに出品
        詩人で美術評論家のギョーム・アポリネールに注目され、のちに親交を結ぶ
        初めて絵の買い手が現れる

 1915年  第一次世界大戦が勃発、イタリア軍に召集されフィレンツェの連隊に入隊し、
        北イタリアのフェッラーラに駐屯する
        当時のフェッラーラは繊維工場が発する麻を煮る臭いが充満する街で、
        その麻薬効果が当時のキリコの風景画に影響したといわれる

 1916年  詩人トリスタン・ツァラと親交をむすぶ

 1917年  フェッラーラでカルロ・カッラと知り合う
        同年カッラは、形而上絵画の作品をミラノで発表する

 1918年  前衛美術雑誌『造形的価値(ヴァローリ・プラスティチ、Valori Plastici)』を創刊
        詩的なテクストを発表

 1919年  ローマで個展を開くが、美術史家のロベルト・ロンギに酷評される
        ジョルジョ・モランディと知り合う
        ルネッサンス絵画の模写を始める

 1920年  「形而上芸術について」、「技法への帰還」などを出版する

 1921年  テンペラ画を描き始める
        ベルリンの国立ギャラリーにて、大規模な「造形的価値グループ展」が開催される

 1923年  ローマ・ビエンナーレに出品
        フィレンツェ、ローマに住む

 1924年  ライサ・グリエヴィッチ・クロルと結婚
        第14回ヴェネツィア・ビエンナーレに出品

 1925年  パリへ移住

 1926年  シュルレアリストたちとの決別を表明
        ニューヨークで初の個展

 1929年  小説『エブドメロス(Hebdomeros)』出版

 1931年  ミラノへ戻る

 1932年  フィレンツェへ移住

 1935年  ニューヨークへ移住

 1938年  イタリアへ帰還、ローマに短期滞在し、ミラノへ移住

 1942年  ミラノの家を引き払い、フィレンツェへ移住

 1944年  ローマへ移住

 1978年  90歳の誕生日を祝う
        11月20日にローマで心臓発作のため没する
キリコ画面に戻る