ホーム > 現代美術作家 > リュシアン クートー > リュシアン クートー略歴

リュシアン クートー
Lucien Coutaud(1904 -1977)


 1904年  12月13日南フランス・メーヌに生まれる。 
 
 1920年  ニームの美術学校に入学
 
 1924年  パリに出て国立装飾美術学校に学ぶ 
        また各所のアカデミーに通い絵画を学ぶ

 1926年  ジャンコクトーと出会い、ランボーやロートレアモンを愛読し、
        その影響でシュールレアリズムに傾倒する
        
 1933年  キュットリ夫人とタピスリーを始める      
 
 1942年  サロン・ドートンヌやチュイルリーに出品 
 
 1945年  サロン・ド・メ会員となる 
 
 1967年  パリ美術大賞受賞 

 1977年  6月21日パリにて死去 享年72歳
リュシアン・クートー画面に戻る
カウンター