ホーム > 近代美術作家 > デルヴォー > デルヴォー略歴

ポール デルヴォー
Paul Delvaux(1887-1994)


 1887年 ベルギー、リエージュ州の弁護士の家庭に生まれる
       ブリュッセルの美術アカデミーの美術科で学ぶ

 1924年 後期印象派グループ展に出品

 1925年 初個展

 1926年 ブリュセルのマントー画廊で個展( -29)

 1932年 ブリッセルで「ミノトール展」が開催される
       シュール・レアリスムに衝撃を受け、この頃より、表現主義的なものから
       シュルレアリスム的な傾向のものに変化する。  

 1936年 ブリッセルのパレ・デ・ボザールに出品

 1938年 パリのギャルリー・デ・ボザールの「国際シュールレアリスム展」に出品

 1940年 メキシコでの「国際シュールレアリスム展」に出品

 1944年 ブリュッセルのパレ・デ・ボザールで回顧展
        ブリュッセルで回顧展

 1946年 アメリカでの個展が成功( -49)

 1948年 ヴェネツィア・ビエンナーレに参加

 1950年 ブリュッセル市ラ・カンブルの国立美術建築学校絵画部門の教授に就任 

 1951年 「鉄の時代」を制作

 1954年 汽車や駅舎を画面により取り入れていく

 1962年 オステンデ美術館で回顧展

 1965年 ベルギー王立アカデミー美術部門長に任命

 1966年 初めてリトグラフ制作

 1975年 東京、京都の国立近代美術館で展覧会開催

 1994年 ヴュルネで死去 享年96歳
ポールデルヴォー画面に戻る