ホーム > 近代美術作家 > ラウル デュフィ > ラウル デュフィ略歴

ラウル デュフィ
Raoul Dufy(1877-1953)


 1877年  北フランス、ノルマンディーのル・アーヴルの港街に生まれる 

 1895年  美術学校ル・アーヴル市立美術学校の夜間講座へ通い始める
        生涯愛したモチーフとなるル・アーヴルの港をスケッチする
        右利きのデュフィは技巧に走り過ぎることを懸念し、左手で描いた

 1898年  兵役 戦争から戻り病身でヴォージュ地方のヴァル・ダジョルに滞在

 1900年  パリの国立美術学校エコール・デ・ボザールへ入学
        レオン・ボナのアトリエで学ぶ。ジョルジュ・ブラックと知り合う

 1902年  ベルト・ヴェイルを紹介されて、彼女のギャラリーにパステル作品を納入
 
 1903年  アンデパンダン展に出品
 
 1905年  アンリ・マティス、マルケと知り合う
        アンデパンダンでヴラマンク、ピカソ等の若い作家の作品を見てフォービズムに関心を向ける

 1906年  ベルト・ヴェイル画廊で個展を開く
 
 1907年  結婚 生活の為、木版画の制作を始める

 1908年  ブラックとレスタックで制作し、セザンヌ風様式を採用。フォービズムから離れていく

 1909年  フリエスとミュンヘンに旅行
 
 1910年  ギヨーム・アポリネールと親交を結ぶ

 1911年  当時豪華王と呼ばれたファッション・デザイナーのポール・ポワレと知り合う
        彼との仕事で木版刷りで布地のテキスタイルデザインをプティット・ユジーヌ工場で創る
        アポリネールの動物誌の木版挿絵を制作

 1912年  フランスのシルク製造業を率いたリヨンのビアンキーニ・フェリエ商会とデザイナー契約を結ぶ

 1913年  南仏イエールに滞在

 1914年  第一次世界大戦が起こり陸軍郵便事業に従事

 1917年  翌年まで、戦争博物館の図書室員となる

 1918年  ジャン・コクトーの舞台デザインを手がける

 1919年  ヴァンスに滞在

 1920年  パリに戻りモンマルトルのジョルジュ・ブラックの近所に居を構える

 1922年  フィレンツェ、ローマ、シチリアに旅行

 1925年  「シャトー・ドゥ・フランス」シリーズが国際装飾美術展で金賞

 1936年  ロンドンに旅行。

 1938年  パリ電気供給会社の依頼でパリ万国博覧会電気館の装飾に人気の叙事詩を
        フレスコ画の巨大壁画「電気の精」を描く
        イラストレーターと兼アーティストとしての評判を得る
        多発性関節炎発症(ポール・ヴィヤール博士は、デュフィの主治医)

 1943年  第二次大戦中はスペイン国境に近い村に逃れて友人と共に暮らす

 1945年  ヴァンスに滞在

 1950年  リューマチのコーチゾン療法を受けるために米国のボストンへ

 1952年  ヴェネツィア・ビエンナーレの国際大賞を受賞
 
 1953年  3月23日フランス、心臓発作のためフォルカルキエにて死去。享年75歳
        ニース市の郊外にあるシミエ修道院墓地に埋葬される
ラウル・デュフィ画面に戻る