ホーム > エルテ > エルテ略歴

エルテ(1892-1990)


 1892年  本名、ロマン・ド・ディルトフ将軍の息子として
        ロシアのセント・ぺテルブルグに生まれる
        本名は、ロマン・ド・ティルトク(Romain de Tirtoff)

 1912年  美術の勉強のためにパリへ行く
        アカデミー・ジュリアンで歴史画家ジャン・ポール・ローランに師事

 1915年  ハーバース・バザーに最初の表紙デザインとインテリアのページに
        掲載され、22年間にわたる同誌同士の協力発端となる

 1967年  メトロポリタン美術館が170点の作品を買い上げ

 1968年  最初のリトグラフ数字を制作

 1970年  フランス政府より芸術文化功労勲爵士の称号を授与

 1976年  フランス政府より芸術文化功労の称号を授与

 1977年  ニューヨークでジークフェルド優秀賞受賞

 1978年  ニューヨークでユージン・オニール基金賞受賞

 1982年  パリ市ヴェルメイユ賞受賞
        90歳の誕生日を祝い、グラフィックの大展覧会が開催

 1985年  フランスのレジョン・ド・ヌール賞受賞

 1989年  ロイヤル・カレッジ・オブ・アートの名誉博士号授与

 1990年  4月21日、パリにて永眠 享年97歳
エルテ画面に戻る
カウンター