ホーム > アメリカ人作家 > トム・エバハート > トム・エバハート略歴

トム エバハート
Tom Everhart(1953- )


 1953年  ワシントン生まれ

        エール大学を卒業後、ニューヨーク、パリで絵画を学ぶ

 1970年代〜80年代にかけて風景画家として成功を収める

 1982年  広告のプロジェクトをきっかけにチャールズMシュルツ氏と出会う

        シュルツ氏の作品を見てラインに共通点を見出したトム氏は2週間
        という短い期間でシュルツ氏のラインをマスターする。

        そのことに感動したシュルツ氏はトム・エバハートをその後も広告
        やキャンペーンなどコミック以外のプロジェクトをトム・エバハート
        に任せることとなる。

        約8年間にわたり500件ものプロジェクトに関わる

 1988年  トム・エバハートはこの年突然の病に倒れる
        病名は肝臓癌と結腸癌で病状はとても深刻な状況で、ここまで続けて
        きたプロジェクト、画家としての創作活動を休止せざるをえなくなる

        この時病床にトム・エバハートに与えられたものは、シュルツ氏から
        贈られたたくさんのピーナッツのスケッチ、そしてこれまで自分が行
        ってきた活動を振り返る時間でした

 1989年  奇跡的に癌を克服した彼が取り組んだ事はピーナッツのキャラクター
        と自分のアートスタイルを融合させ、そのキャラクターたちに命を吹
        き込むことでした

        シュルツ氏はコミックのコマの中で表現をして、自分は枠にとらわれ
        ない自由な表現スタイルを表現する

        トム・エバハートが最初に描いた作品は人物キャラクターではなく、
        キャラクターが不在のなかに命を吹き込む・・・ピアノや花やフライング
        エースのコスチュームだけという作品でした

        アートの中にピーナッツを取り入れた作品をシュルツ氏に見せたところ、
        シュルツ氏は大変感激し、これをきっかけに世界で唯一ピーナッツの
        キャラクター描くことができる「トム・エバハート」が誕生いたしました

 1999年  シュルツ氏が引退を発表した際に、今後一切ピーナッツのキャラクターを
        使用してアートを表現することができるのはトム・エバハートだけと表明

   世界で唯一マンガ[PEANUTSTM]のキャラクターを描ける画家として注目され、現在
      数々のコマーシャルやキャンペーンを手掛けている
トム・エバハート画面に戻る