ホーム > フランス作家 > フサロ > フサロ略歴


ジャン フサロ
Jean Fusaro(1923− )

 1923年  フランス、マルセーユに生まれる

        リヨン美術学校に3年間学び、数多くの職業を転々とした

 1947年  リヨンで初の個展を開く

 1951年  マントン・ビエンナーレに参加

 1953年  フェネオン賞を受賞、その頃から絵に専念する

 1957年  マルセーユ市大学賞、エコール・ド・パリ展出品

        サロン・ドートンヌ、青年絵画展会員
        渦巻くようなタッチで躍動的生命感をとらえる情熱的な作風で、
        リヨン派の中堅作家である。 
        現在リヨン美術学校で教鞭をとっている
フサロ画面に戻る