ホーム > 日本洋画作家 > フジ子ヘミング > フジ子ヘミング略歴

フジ子ヘミング
Ingrid Fuzjko Von Georgii-Hemming
イングリッド・フジ子・フォン・ゲオルギー=ヘミング

       12月5日スウェーデン人の父と日本人の母のもとベルリン生まれる

 1937年 ベルリンより帰国
       母の手ひとつで東京に育ち、母投網子の手ほどきでピアノを始めるまた

 1342年 父の友人のピアニスト、レオニード・クロイツアー氏に師事
       幼少のころより天才ピアニストとして周囲から注目される
       以後芸大在学時を含め、長年にわたりクロイツアー氏の薫陶を受ける

 1939年 青山学院高等部在学中、17歳でデビュー・コンサートを果たす

       東京芸大在学中には、毎日コンクール入賞、文化放送音楽賞など多数受賞

       東京芸大卒業後より、本格的な演奏活動に入り、渡辺暁雄指揮による
       日本フィルなど、数多くの国内オーケストラと共演

 1948年 中耳炎の悪化により右耳の聴力を失う

 1951年 ドイツへ留学
       ベルリン音楽学校を優秀な成績で卒業

       その後長年にわたりヨーロッパに在住し演奏家としてのキャリアを積むも、
       生活面では母からの僅かな仕送りと奨学金で何とか凌いでだ
       ウィーンでは後見人でもあったパウル・バドゥーラ=スコダに師事

       今世紀最大の作曲家・指揮者の一人と言われる、ブルーノ・マデルナに
       ウイーンで才能を認められ、彼のソリストとして契約したことは、フジ子が
       最も誇りにしていることのひとつである
       この契約に際しては、フジ子の演奏に感銘を受けたレナード・バーンスタイ
       ンからの支持、及び援助があった

       リサイタル直前に風邪をこじらせ、残っている左耳の聴力をも失う
       耳の病のため演奏家のキャリアを一時中断せざるを得ず、失意の中、ストック
       ホルムに移住。耳の治療の傍ら、音楽学校の教師の資格を得る
       以後はピアノ教師をしながら、欧州各地でコンサート活動を続ける
       現在は左耳の聴力のみ約40%回復している
 
 1995年 母投網子の死後、日本に帰国
       母校である東京芸大の旧奏楽堂などでコンサート活動を行う 

 1999年 NHKのドキュメント番組ETV特集「フジ子〜あるピアニストの軌跡〜」が放送される
       番組は大反響を巻き起こし、NHKには2000通を超える投書が寄せられた
       その後「フジ子ふたたび〜コンサートin奏楽堂〜」も放送され、さらなる反響を呼ぶ
       ファーストCD「奇蹟のカンパネラ」は発売後3ヶ月で30万枚を売り上げる
       第14回日本ゴールドディスク大賞の「クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」受賞
       10月15日東京オペラシティ大ホールでの復活リサイタルを皮切りに本格的な音楽活動を再開

 2001年 6月7日にはカーネギー・ホールでのリサイタルを披露する

 2003年 10月17日に、フジテレビ系で波瀾万丈の半生がテレビドラマ化される
       スペシャルドラマ『フジ子・ヘミングの軌跡』はフジ子役を菅野美穂が演じる

 2013年 自身のCDレーベル「ダギーレーベル」を発足
       アルバム第1作「フジ子ヘミング スペインカメラータ21オーケストラ」を国内外でリリース

       今販売されているCDは、クラシックの世界で売り上げもトップを独走し続けており、
       その演奏スタイルは「リストとショパンを弾くために生まれたピアニスト」と評される

       本人が最も得意とする曲、リストの「ラ・カンパネラ」は最も技巧を必要とする高
       難度な曲とされるが、正確で完璧な演奏を嫌うフジ子は、譜面に忠実でない独特の
       リズムで繊細かつ情熱的、情味たっぷりに演奏する

       苦難の人生を生き抜いてきた真実味が滲み出ているような血の通ったその音色は
       「魂のピアニスト」と評される所以である
フジ子ヘミング画面に戻る