ホーム > 日本洋画作家 > 藤田嗣治 > 藤田嗣治略歴

藤田嗣治(1886-1968)

 1886年 東京に生まれる

 1905年 東京美術学校西洋画科入学

 1910年 東京美術学校西洋画科卒業

 1913年 渡仏。ピカソ、モジリアニ、スーチンと交遊

 1919年 サロン・ドートンヌに出品し全作品入選。会員に推挙

 1921年 サロン・ドートンヌの審査員に挙げられる

 1925年 レジオン・ド・ヌール五等勲章を贈られる

 1926年 サロン・ナショナル・デ・ボザールの審査員となる

 1929年 帰国
       東京で盛大な個展を開催し、大成功を収める

 1934年 二科会会員となる

 1940年 第二次大戦の戦火の下、パリから帰国

 1941年 帝国芸術院会員となる

 1943年 朝日文化賞受賞

 1945年 疎開先の神奈川県津久井郡小淵村にて終戦を迎える

 1949年 渡米の後、パリへ戻る

 1950年 パリ国立近代美術館に代表作を寄贈

 1955年 フランス国籍を取得し、パリ市民となる

 1957年 レジオン・ドヌール四等勲章を贈られる 

 1959年 君代夫人とともにカトリックの洗礼を受ける
       ベルギー王立アカデミー会員となる

 1966年 設計・美術すべての分野に専念したランスのノートルダムド・ラ・
       ペ・フジタ礼拝堂が完成

 1968年 チューリッヒにて逝去。享年82歳

       日本政府より勲一等瑞宝章を追贈される
藤田嗣治画面に戻る