ホーム > 日本洋画作家 > 舟越保武 > 舟越保武略歴

舟越保武(1912-2002)

 1912年 岩手県二戸郡一戸町小鳥谷生まれ
       父親が熱心なカトリック信者だった
       高村光太郎訳の「ロダンの言葉」に感銘を受け彫刻家を志す

 1939年 東京美術学校彫刻科を卒業
       このとき出会った佐藤忠良とは終生の友情を培うことになる
       卒業後独学で石彫をはじめ、数々の作品を発表して注目される

 1950年 長男が生まれて間もなく急死したのを機に、自らも洗礼を受け
       てカトリックに帰依、キリスト教信仰やキリシタンの受難を題
       材とした制作が増える

 1962年 「長崎26殉教者記念像」で高村光太郎賞

 1967年 東京芸術大学教授となる(-80)

 1972年 島原の乱に着想を得た「原の城」で中原悌二郎賞 

 1973年 「原の城」でパウロ6世より大聖グレゴリオ騎士団長勲章受章 

 1975年 「病醜のダミアン」制作(ダミアン神父をモデルにした作品) 

 1977年 「道東の四季ー春ー」(釧路市の幣舞橋)で長谷川仁記念賞 

 1978年 芸術選奨文部大臣賞 

 1983年 エッセイ「巨岩と花びら」で日本エッセイストクラブ賞受賞 

 1984年 勲四等旭日小綬章受章 

 1986年 東京芸術大学名誉教授になる

 1987年 脳梗塞で倒れ、右半身が不自由になるが、すぐにリハビリを開始
       死の直前まで左手で創作を続けた

 1999年 文化功労賞受賞

 2002年 2月5日多機能不全で死去 享年89歳
舟越保武画面に戻る