メインページに戻る    現代美術作家ページに

 日本の現代美術
 1935 難波田龍起「フォルム」会を結成する            1937 自由美術家協会の結成     瑛九難波田龍起、山口薫、麻生三郎、オノサトトシノブ(1938)  1938 吉原治良らが中心となって九室会結成、斎藤義重、山口長男(1943中止)   1949 読売新聞社主催日本アンデパンダン展始まる。     岡本太郎、福沢一郎  1951 第三回読売新聞社主催日本アンデパンダン展(東京都美術館)     においてポロック、タンギー、マグリット、デュビュッフェ、     トビー、ラムなどの作品が賛助出品され、若い作家たちを初め     日本の美術に大きな影響を与えた         デモクラート美術協会大阪で結成、第1回展開催(東京、宮崎巡回)     瑛九を中心として靉嘔池田満寿夫、河原温ら参加(1957年解散)  1952 現代美術懇談会(ゲンビ)発足     吉原治良(1905-72)らが世話人     0会結成     金山明、白髪一雄、田中敦子、村上三郎ら  1954 具体美術協会設立 (1972年解散)     吉原治良を中心として、嶋本昭三、村上三郎、     田中敦子、吉原英雄ら15名    1955 『具体』創刊     0会のメンバー、元永定正白髪一雄が具体に参加     第1回具体美術協会展@東京小原会館   1956 欧米抽象絵画展@京都府ギャラリー     吉原治良「具体美術宣言」  1957 今井俊満とともにジョルジュ・マチウ     そしてミッシェル・タピエ、サムフランシス来日  1958 第10回読売アンデパンダン展     高松次郎、三木富雄  1960 ネオ・ダダ・オルガナイザーズ結成     赤瀬川原平、荒川修作、篠原有司男、三木富雄  1963 ハイレッド・センター結成     高松次郎、赤瀬川原平、中西夏之  1960年代後半〜1970年代 もの派     斎藤義重を中心に、李禹煥関根伸夫菅木志雄ら


戻る