ホーム > フランス作家 > ギヤマン > ギヤマン略歴


ポール ギヤマン(1926-2007)
Paul Guiramand

 1926年   フランス、サン・カンタンに生まれる 
 
 1945年   パリ国立美術学校に学び、ブリアンションに指導を受ける 
 
 1952年   ローマ大賞を受賞。活躍をはじめる。サロン・ドートンヌ、サロン・ド・メ、
        青年絵画展等に出品し、種々のコレクションに加えられる 
        
 1956年  エコール・ド・パリ展で注目を浴び、フランス政府の買い上げを受ける
 
 1957年   マントン・ビエンナーレで2等賞を受賞
        青年絵画展マルボロ賞を受賞
        ムルローの工房で初めてオリジナルリトグラフィーを制作

 1958年以降メキシコ・シティー、モスクワをはじめ欧米各地で個展を開催 
 
 1968年  日本各地で個展を開催(〜69)
  
 1981年  来日展
  
 1983年  来日展
 
 2007年  12月8逝去 享年81歳
  
  日本では東京・赤坂のホテル・ニューオータニの、新館落成記念の大作壁画「パラダイス」
  を描き、以来多くのファンを魅了するようになった。
  官能的な赤と青を主体とする鮮やかな色彩で、馬やバイオリン、女性像などを表現し、
  機知に富んだ色面構成に特徴がある。
  作品はパリ市立近代美術館、シカゴ・アート・インスティテュートなどの美術館を始め、
  世界各地のコレクションに収蔵されている
ギヤマン画面に戻る