ホーム > 日本洋画作家 > 浜口陽三 > 浜口陽三略歴

浜口陽三(1909-2000)


 1909年  和歌山県に生まれる

 1915年  千葉県銚子市に移住

 1930年  梅原龍三郎の助言により東京美術学校を中退、渡仏

 1937年  最初の銅版画制作「猫」

 1939年  第2次世界大戦のため帰国

 1953年  再び渡仏、パリに定住

 1954年  現代日本美術展で受賞
        「スペイン風油入れ」「ジプシー」

 1955年  この頃からカラーメゾチントを制作「西瓜」

 1957年  第1回東京国際版画ビエンナーレで東京国立近代美術館賞を受賞
        「水差しとぶどうとレモン」「青いガラス」
        サンパウロ・ ビエンナーレで日本人として初めて大賞を受賞
        「魚と果物」「したびらめ」「西瓜二切」等

 1961年  リュブリアナ国際版画展(ユーゴスラビア)で受賞

 1972年  第4回クラコウ国際版画 ビエンナーレで受賞
        「びんとさくらんぼ」

 1981年  パリからサンフランシスコに移住

 1982年  北カリフォルニア版画大賞展でグランプリ受賞
        「西瓜」

 1984年  サラエボ冬季オリンピック大会でオリンピック記念ポスターに
        「さくらんぼと青い鉢」が採用される

 1996年  帰国

 2000年  12月25日逝去 享年91歳
浜口陽三画面に戻る