ホーム > フランス作家 > ミッシェル アンリ > ミッシェル アンリ略歴

ミッシェル アンリ
Michel Henry(1928− )


 1928年  フランスのラングルに生まれる

 1955年  パリ高等美術学校の首席代表として、外務省よりベルリン美術学校に派遣される

 1956年  国費留学生としてアムステルダムの「デカルトの家」に赴く
        アムステルダムにて「デカルトの家」賞を受賞

 1957年  国費留学生としてマドリッドのカサ・ベラスケスに留学(-59)

 1959年  マドリッドにて「カサ・ドゥ・ヴェラスケーズ」賞を受賞
 
 1960年  パレ・ロワイヤル賞を受賞
 
 1984年  レジオン・ドヌール勲章を受賞
        国家憲兵隊功労賞を受賞

 1985年  サローヌ・ドートンヌ代表として初来日
                東京上野の国立美術館に作品展示

 1988年  ミッシェル・アンリ・ジャポンを設立

 1990年  フランス国立園芸協会名誉会長に就任

 1991年  サロン・ドートンヌ副会長就任
 
 1996年  シャペル・デ・ジェジュイット美術館で回顧展

 1998年  シャトー・ドゥ・ ヴァルで大個展開催
 
 1999年  フランス大統領ジャック・シラク氏の特別後援でフランスの古城シャトー・ド・
        ヴァルで展覧会があり3ヶ月の会期中に10万人の来場者を数える
ミッシェル・アンリ画面に戻る