メインページに戻る    東山魁夷ページに戻る


東山魁夷   黎明(新復刻画)

東山魁夷-黎明

東山魁夷-黎明

東山魁夷-黎明

原画は1980年、画家72歳のときに描いた同名の日本画で
兼素洞で開催の第3回 白虹会に出品されたものです。
描かれた富士は内からわき上がるような自然の発露であり
まるで記憶の中の風景のように、シンボリックなまでに昇華
されています。
 海外を旅して戻る機内から、ふと窓の外を見ると、朝日を
受けた白雪の富士が雲間に浮かぶ……。この作品は、東山
画伯があらためて見る日本の風景に感動を覚え、我知らず
絵筆を取って描き上げたものでしょう。
 タイトルのとおり、画伯にとって新たなはじまりを告げる
記念碑的な作品であると同時に、日本美術史上、他に類を
見ない富士の姿です。(野村証券蔵)

戻る