ホーム > 日本画作家 > 東山魁夷作品ページ > 東山魁夷略歴

東山魁夷(1908-1999)


 1908年  横浜市に生まれる(本名:新吉)
 
 1911年  神戸西井出町に移住
 
 1926年  東京美術学校日本画科入学

 1929年  第10回帝展に「三国の秋」が初入選

 1931年  東京美術学校日本画科を卒業
        この年から結城素明に師事し、魁夷と号する。

 1933年  ヨーロッパ美術研究のため渡欧(35年帰国)

 1934年  第一回独文化交換学生としてベルリン大学入学
 
 1937年  神戸画廊にて初個展「滞欧スケッチ展」

 1939年  第一回日本画院展で「冬日」が日本画院賞第一席となる
 
 1940年  川崎小虎の長女すみと結婚
 
 1943年  川崎小虎、山本丘人と国土会を結成

 1947年  第三回日展に「残照」を出品、特選となり政府買い上げとなる

 1950年  第六回日展に「道」を出品 

 1956年  「光昏」で日本芸術院賞受賞
 
 1960年  東宮御所壁画「日月四季図」完成
 
 1961年  宮内庁依頼による吹上御所に飾る「萬緑新」完成
 
 1962年  北欧四カ国を旅行
 
 1963年  東山魁夷自薦展開催(松屋・銀座)
        東山魁夷代表作品展(大丸・神戸)

 1964年  リトグラフ挿画本「古き町にて 北欧紀行」を明治書房より刊行
 
 1965年  日本芸術院会員に推挙
        日展理事に就任
 
 1968年  新宮殿壁画「朝明けの湖」が完成
        文化財保護審議会専門委員となる

 1969年  毎日芸術大賞受賞
        日展常任理事に就任
        ドイツ・オーストリア旅行
        文化勲章を受章し、文化功労者に選ばれる
        
 1970年  東京国立博物館の評議員となる
 
 1971年  ドイツ・オーストリアの旅による新作「古都を描く」「窓」の主題に寄る連作展開催
        (三越・日本橋)
        
 1972年  日中国交正常化に際し、日本政府より毛主席に贈られる「春暁」制作
 
 1973年  「白い馬の見える風景」展開催(松屋・銀座)
 
 1974年  日展理事長就任 

 1975年  訪日のエリザベス女王に贈られる「春の曙」制作
        唐招提寺障壁画「山雲」「濤声」が完成
        「第一期唐招提寺障壁画展」が開催される
        
 1976年  ドイツ連邦共和国功労大十字勲章受賞

 1977年  パリの日本大使公邸のため「青い谷」制作
        東京国立近代美術館評議員となる
        ワシントンの日本大使公邸のため「山嶺湧雲」制作
        パリのプチ・パレ美術館で開催の「唐招提寺展」に「山雲」
        「濤声」が出品される

 1979年  東ベルリン国立美術館アルテス・ムゼーウムとライプチヒ造型
        美術館で「日本 東山魁夷絵画展覧会」が開催され訪独

 1980年  第二期唐招提寺御影堂障壁画展「黄山暁雲」「揚州薫風」「桂林月宵」
        四十二面が開催

 1981年  鑑真和上厨子絵「瑞光」完成 

 1985年  日本中国文化交流協会代表理事就任
        ベルリン日独センター評議員となる。同時に、日独協会名誉
        会員に推戴される

 1989年  ベルリン国立東洋美術館、ハンブルク工芸美術館、ウィーン・
        キュンストラーハウスで「東山魁夷展」が開催される

 1990年  長野市の城山公園内に東山魁夷館開館

 1995年  米寿記念―唐招提寺障壁画と画業60年の歩み「東山魁夷展」開催
       (東京、京都、長野県信濃美術館・東山魁夷館)

 1997年  卒寿をむかえて―東山魁夷「私の森」展(神戸、福岡)が開催

 1998年  長野オリンピック開催に合わせて、「人と自然そして祈り in Japan」開催
        (長野県信濃美術館・東山魁夷館)
        「東山魁夷展」開催(富山、千葉)

 1999年  5月6日逝去。享年91歳
        勲一等瑞宝賞を受賞
東山魁夷画面に戻る