ホーム > 現代美術作家 > 彦坂尚嘉 > 彦坂尚嘉略歴

彦坂尚嘉(1946- )

 1946年  東京都世田谷区生まれ

 1962年  東京都立駒場高等学校入学

 1967年  多摩美術大学絵画科入学

 1969年  堀浩哉、石内都、宮本隆司らと美術家共闘会議(美共闘)結成に参加

 1970年  自宅の床に生ゴムを流す「Floor Event」をおこなう
        多摩美術大学絵画科を中退

 1975年  第9回パリ青年ビエンナーレ(フランス)

 1978年  ウッドペインティングを『美術手帖』表紙で発表し注目を集める

 1982年  文化庁在外研修員としてフィラデルフィア大学院グラデュエイトスクール・オブファインアーツに特別生として留学
        第40回ヴェネツィア・ビエンナーレ(イタリア)

 1987年  第19回サンパウロ国際ビエンナーレ(ブラジル)

 1988年  オリンピアード・オブ・アート(韓国現代美術館、ソウル)

 1989年  ユーロパリア・ジャパン(ゲント美術館、ベルギー)

 1999年  「グローヴァル.com」展(クィーンズ美術館、ニューヨーク)

 2001年  「センチュリ・シティ」展(テートモダン、ロンドン)
        柳幸典氏との2人展(ホワイトボックス、ニューヨーク)

 2005年  リュブリアナ国際版画ビエンナーレ(リュブリアナ美術館、スベロニア)
        兵庫国際絵画コンペティションで優秀賞兵庫国際絵画コンペ優秀賞

 2007年  リスボン建築トリエンナーレ(ポルトガル)

 2008年  こんぴらアート2008(四国、琴平)

 2009年  立教大学大学院特任教授に就任

 2013年  あいちトリエンナーレ2013(名古屋市)
彦坂尚嘉画面に戻る
カウンター