ホーム > 日本洋画作家 > 星襄一 > 星襄一略歴

星襄一(1913-1979)

 1913年 新潟県北魚沼郡に生まれる

 1932年 台南師範学校卒業、現地にて教職を13年間務める

 1946年 台湾より引揚げ、謄写版印刷業を営みながら孔版画を始める

 1949年 日本版画協会展で根市賞受賞
       孔版画を習い、日本版画協会展受賞

 1952年 日本版画協会会員となる

 1956年 42歳で武蔵野美術学校西洋画科を卒業、木版画を独習

 1959年 第39回国画会展で国画賞受賞
       東京国際ビエンナーレ出品
       (‘61,‘63)

 1960年 国画会会員に推挙

 1965年 十日町市の江戸屋織物の依頼により木版手摺り塩瀬帯の
       製作に携わる

 1967年 サンパウロ国際ビエンナーレ出品

 1969年 ニューヨークにて、現代日本版画巡回展

 1970年 オレゴン、ベルギー、イタリーにて日本版画展開催(-72)

 1973年 木版画展開催(東急百貨店本店)

 1975年 日本縦断展を開催

 1976年 ジャパンアートフェスティバル出品
       ベルギー現代日本版画展出品
       「星襄一 木版画自選展」
       (全国7都市で開催)

 1977年 モンゴルへ取材旅行
       6都市で木版画展開催

 1978年 「第2回日本縦断 星襄一 木版画展」
       全国8都市で開催

 1979年 3都市にて木版画展開催
       6月17日死去 享年66歳
星襄一画面に戻る