ホーム > 日本洋画作家 > 山本彪一 > 山本彪一略歴

山本彪一(1912-1999)

 1912年 栃木県に生まれる

 1937年 早稲田大学商学部を卒業

       独学で絵を学び、猪熊弦一郎の師事を受け画家を目指す

 1942年 新制作展に出品する

 1943年 文展で初入選する

 1947年 光風会会員に推挙

 1953年 日展で無鑑査となる
       

 1955年 日展依嘱となる

 1977年 フランス・パームコマンドール勲章受賞

 1978年 彫刻の森美術館に作品が収蔵される

 1999年 逝去
山本彪一画面に戻る