ホーム > フランス作家 > ルイ イカール > ルイ イカール略歴

ルイ イカール
Louis Icart(1888−1950)


 1888年  南仏トゥールズ市に生まれる

 1904年  トゥールズ高等商業学校を卒業

 1905年  兵役終了後、友人エスキロルと演劇界を目指してパリに出る

 1908年  雑誌「演劇批評」の表紙にHelliの署名でイラストを描く
        この頃から画家になることを考え始める

 1911年  「バラのメヌエット」「散歩の前に」「オペラ座にて」等数十点のエッチングを制作

 1912年  オートクチュールのアトリエで知り合った年上の未亡人と結婚する

 1913年  「演劇批評」での仕事が認められラボエシー画廊の第3回展に出品

 1914年  ブリュッセルでファッション誌「ガゼットデュポントン」主催による個展
        エリゼ宮で催されたデンマーク国王夫妻歓迎バレエのコスチュームをデザイン
 
 1915年  長女レーヌ生まれる

 1917年  ラ・ボエシー画廊の(戦争とユーモア画家展)に版画4点を出品

 1918年  戦争をテーマとした作品がエノー画廊の目にとまり、アメリカ市場に販売開始

 1920年  シモンソン画廊で油彩画の個展を開く

 1922年  ニューヨークへ渡る
        ニューヨークの画廊ベルメゾンで個展
 
 1923年  ニューヨークからフィラデルフィアへ巡回後、帰国

 1927年  レオン・ドヌール5等勲章を受ける

 1928年  コレット著「気ままな小娘」の版画入り豪華本を手がける

 1932年  ニューヨークメトロポリタン画廊で、油彩の連作「白いヴィジョン」の展覧会開催

 1933年  「椿姫」(デュマ・フィス作)のポスターを制作

 1943年  モンマルトルの丘に立つモーリス・ヌーモンの旧居を手に入れる

 1944年  パリ解放とともに版画制作を再開する

 1950年  モンマルトルの自宅で逝去
イカール画面に戻る