ホーム > 現代美術作家 > ジャスパージョーンズ > ジャスパージョーンズ略歴

ジャスパー ジョーンズ
Jasper Johns(1930- )


 1930年 アメリカ・ジョージア州オーガスタで生まれる
       幼年時代の大半はサウスカロライナ州アレンデールの祖父母のもとで過ごす
       奨学金を得てニューヨークの商業美術学校で学ぶも途中で退学

 1947年 サウスカロライナ州立大学で美術を専攻( -48)

 1949年 2年間軍隊に入る。仙台に6カ月駐屯する

 1952年 ニューヨーク、ハンター・カレッジに入るが2日で退学する
 
 1954年 ラウシェンバーグとともにティファニーなどのウィンドゥ・ディスプレイなどの仕事を行う
       ジジョン・ケージ、マース・カニンガムと会う
      「旗」や「的」とシリーズの制作を始める( -57)

 1956年 「アルファベット」の制作開始。カンヴァスにオブジェを導入し始める( -57)

 1957年 ジューイッシュ美術館での「ニューヨーク派の美術家たち・第二世代」展に出品
       レオ・カステリに認められ、グループ展に出品

 1958年 ニューヨーク、レオ・カステリ画廊で初個展(「旗」「的」「数字」等作品を展示)
       ニューヨーク近代美術館が2作品を買い上げ
       ピッツバーグ・ビエンナーレ現代絵画彫刻国際展で国際賞受賞

 1959年 マルセルデュシャンを知る

 1964年 ニューヨーク、ユダヤ美術館で初の回顧展
       日本旅行中「見張り」「スーベニア」を制作

 1967年 フラッグ・ストーン(敷石)をハーレムで見て、これをモチーフとして使い始める

 1972年 絵画の大作「無題」を制作、クロス・ハッチのパターンが使用される

 1973年 オークションで「二重の白い地図」が24万ドルで落札。アメリカ現存画家のレコードに

 1977年 ホイットニー美術館で大規模回顧展。ヨーロッパと日本も巡回

 1978年 巡回回顧展のため来日

 1988年 第43回ヴェネツィア・ビエンナーレにアメリカ代表作家として出品、国際大賞受賞

 1990年 ブッシュ大統領より芸術大賞授与
       ワシントン、ナショナル・ギャラリーで「ジャスパー・ジョーンズの絵画」展
       バーゼル、ロンドン、ニューヨーク(ホイットニー美術館)へ巡回

 1993年 高松宮殿下記念世界文化賞・絵画部門受賞

 1996年 ニューヨーク近代美術館で回顧展。ケルン、東京へ巡回
ジャスパージョーンズ画面に戻る
カウンター