ホーム > 現代美術作家 > 加納光於 > 加納光於略歴


加納光於(1933- )

 1933年  東京神田で生まれ、病弱のため十代後半を療養生活ですごす

 1953年  瀧口修造を知る
        銅版画の制作を始める

 1956年  タケミヤ画廊(東京)で初個展 
        以後内外の版画展に参加する

        加納の制作の特徴のひとつが「連作」である、ある期間ひとつの手法に
        よる作品を多数制作し、ある時点でその成果を発表すると、また新たな
        方向を模索し始め、そして素材と作品の関係の探求した

 1964年  版の素材として使用していた亜鉛合金をガス・バーナーで焼いて版その
        ものを作品とした『MIRROR 33』と、『ソルダード・ブルー』の連作で
        新しい技法による作品を開拓する

 1966年  『半島状の!』シリーズから後期ルドンのように色彩が加わる

 1969年  函形立体のオブジェ作品を制作
        版画ではコラージュやフロッタージュを援用していっそう多様な展開をみせ、
        画集形式で発表した

 1971年  「戦後美術のクロニクル展」(神奈川県立近代美術館)

 1976年  デカルコマニーを利用したリトグラフ連作『稲妻捕り』に没頭

 1980年  油彩画のはじめての作品群を個展『胸壁にて』として発表
        「加納光於の版画-瀧口修造とともにー」(福岡市美術館)

 1997年  「葡萄弾−加納光於 オブジェ1968-1997」(愛知県美術館)

 1992年  「本の宇宙−詩想をはこぶ容器」(栃木県立美術館)

 1993年  「色彩としてのスフィンクス−加納光於」(セゾン美術館他)

 1995年  「戦後文化の奇跡 1945-1955」(目黒区美術館他)

 1998年  「瀧口修造とその周辺」(国立国際美術館)

 2000年  「加納光於 《「骨の鏡」あるいは色彩のミラージュ》」(愛知県美術館) 

 2005年  「リュブリアナ国際版画ビエンナーレ展」リュブリアナ(スロヴェニア) 

 2006年  「武満徹 Vision in Time 展」(東京オペラシティアートギャラリー)

 2007年  「澁澤龍彦−幻想美術館」(埼玉県立近代美術館)
加納光於画面に戻る