ホーム > 日本洋画作家 > 笠井誠一 > 笠井誠一略歴

笠井誠一(1932- )

 1932年 札幌に生まれる

 1949年 絵画の道を志して上京

 1953年 東京芸大油絵科に入学

 1956年 同校で伊藤廉の教室に入り絵画に於ける形態、油絵の
       マチエ−ルに関心を深め従来より集中して制作に励む

 1957年 東京芸大油絵科卒業

 1959年 東京芸大油絵科専攻科終了(伊藤教室)
       フランス政府給費留学生として渡仏
       国立パリ美術学校に入学、モーリス・ブリアンの教室でフランス絵画の基本を学ぶ

 1960年 サロン・デ・ザルティスト・アンデパンダン展に出品(〜66年)
       サロン・ドオトンヌに出品(〜66)

 1961年 サン・プラシッド画廊(パリ)にて個展
       サロン・ドオトンヌ出品作「椅子とヴァイオリン」がフランス政府買上げとなる
 1962年 サロン・ナショナルに「イ−ゼルとタブレット」を出品(〜65)

 1963年 静物画中心の制作に、風景画の試作が加わる。

 1966年 帰国、東京に居をかまえる
       新樹会に作品を発表(〜76)

 1967年 日本橋画廊(東京)にて滞欧作品展を開く
       愛知県立芸術大学講師となり、愛知県長久手町に移る

 1968年 郷里札幌の今井百貨店で滞欧作品展を開く
       第1回ロ−ド会展(神戸トアロ−ド画廊)に参加(10回展まで出品)
       名古屋画廊第1回個展(滞欧作品を発表する)
       ('69〜'73,'75,'78,'82,'85,'88,'92,'97,'02,'05,'09)

 1969年 神戸トアロ−ド画廊にて個展
       第1回春風会展(銀座松坂屋)に出品(3回展まで出品)
 1970年 第1回あすか会(大阪、梅田画廊三番街店)に出品(7回展まで出品)

 1971年 第1回現代日本新人絵画展(日本橋高島屋)に出品
       第1回中部国際形象展(名古屋松坂屋)に同人として参加(以後毎回出品)
       第1回冬星会展(富山・青木画廊)に参加(10回展まで出品)
       セントラル百人展(東京セントラル美術館)に出品

 1972年 第2回現代日本新人作家展(日本橋高島屋)に出品
       第2回セントラル百人展、画家の歩み展(東京セントラル美術館)に出品
       愛知県立芸術大学油絵科のスタッフにより第1回丘の会を開催(10回展まで続ける)
       太陽展(日動画廊)に出品を始める
       「イ−ゼルと椅子」40号が愛知県立芸術大学資料館に収蔵される
       八王子にアトリエと住居を新築、愛知、東京往復生活を始める

 1973年 第1回きさらぎ会(東京梅田画廊)に参加(第10回展まで続ける)
       ブリアンションとその周辺展(日本橋高島屋)に出品を始める

 1974年 上野の森85年の歩み展(東京セントラル美術館)に芸大時代とその後の作品等を出品
       黎の会を結成、第1回展を東京セントラル美術館にて開く。
       同人は井上悟、大沼映夫、加賀美勣、小島俊男、進藤蕃、竹内晟、手代木克信
       中村清治、橋本博英、星守雄、山川輝夫の12名(以後第25回最終展まで)
       新樹会同人となる。
       愛知県立芸術大学教授となる

 1975年 第1回サロン・ド・サンコム展(東京梅田画廊)を開催
       進藤蕃、星守雄、橋本博英、中村清治と共に毎年開催
       愛知県美術館に「室内」60号(滞欧作)が収蔵される
       愛知県議員会館に「室内」60号(黎の会出品作)が収蔵される

 1976年 第3回より黎の会展が東京展の後、大阪、富山を巡回する様になる

 1977年 和の会(銀座和光ホ−ル)を結成(以後毎年開催)

 1978年 新樹会の絵画、彫刻の若手作家で、昭樹会(日本橋三越)を結成(以後毎年開催)
       水彩・デッサン新作展(名古屋画廊)に出品(以後毎年出品
       東京芸術大学資料館に「丘上の村」30号(滞欧作)が収蔵される

 1979年 第6回黎の会展(日本橋高島屋に会場が移る)

 1980年 文部省在外研究員として6か月フランスに滞在する

 1981年 帰国
       なにわ会(大阪 梅田画廊)第30回記念展に出品
       個展(東京梅田画廊'85、梅田画廊'85、泰明画廊'01、'09)

 1982年 第10回丘の会展最終回を記念して、東京大丸で開催する
       第21回国際形象展(日本橋三越)に出品(23回展まで出品)
       第13回日動展(日動画廊)に出品を始める

 1983年 富山個展(青木画廊)

 1985年 第37回立軌会に同人として参加する

 1986年 第25回国際形象展(最終回)に出品

 1988年 第40回立軌会記念展に出品
       東京個展(東京梅田画廊)
       名古屋個展(名古屋画廊第11回)
       大阪個展(梅田画廊)

 1990年 名古屋市芸術賞受賞
       画家の軌跡展(東京青樹画廊)

 1991年 20世紀への証言展(東京セントラル絵画館 岩井画廊主催)

 1992年 名古屋画廊創業50周年記念「現代の洋画展
       名古屋画廊創業50周年を記念しての名古屋画廊第12回個展

 1993年 20世紀への証言展(セントラル美術館)
       黎の会20回記念展(日本橋高島屋)
       「20世紀の愛知」展(愛知県絵画展)

 1994年 国際水彩画ビエンナ−レ展(メキシコ水彩画美術館)
       三申展(ギャラリー和田、栄善堂画廊)

 1995年 愛知県立芸術大学創立30周年記念展(愛知県美術館)
       愛知県立芸術大学卒業生有志と「和音の会」第1回展(東京 ギャラリ−和田)

 1996年 愛知県美術館に《ウクレレと冬瓜とグロリオサのある静物》60号が収蔵される。
       ポメリ−中部文化賞を受ける

 1997年 ハ−モニ−美術館(尾西市)開館記念笠井誠一展を開く
       愛知県立芸術大学退官記念「笠井誠一展」(愛知県立芸術大学芸術資料館、名古屋画廊)

 1998年 愛知県立芸術大学退官記念「笠井誠一展」巡回(日本橋島屋、梅田近代美術館)
       愛知県立芸術大学名誉教授となる

 1999年 個展(東京・大阪・名古屋・札幌三越)

 2001年 第24回安田火災東郷青児美術館大賞受賞、
       同賞受賞記念「笠井誠一展」(安田火災東郷青児美術館)
       個展(泰明画廊)

 2002年 名古屋画廊創業60周年記念「笠井誠一展」(名古屋画廊)

 2003年 東郷青児美術館大賞25周年記念「25人の絵画展」(損保ジャパン東郷青児美術館)

 2004年 個展(大阪・東京・京都・横浜・名古屋島屋)

 2006年 Salon de Kazu
       (東京・ギャラリー和田、大阪・ギャラリー小林、福岡岩田屋) '07、'08、'09、'10

 2007年 個展(アートフェア東京・名古屋画廊ブース/国際フォーラム) '08,'09
       笠の会(松坂屋名古屋本店、銀座店) 以後毎年
       第9回サロン・ドジエ展(東京・銀座柳画廊)

 2009年 個展(岡山、広島、福山・天満屋)
       第4回五蘊の会(名古屋・神田画廊)
       あべせの会展―文化系フランス政府給費留学生の会展(東京・日仏会館エントランスホール)
       素の会(ノリギャラリー) '10
       稜の会 '10

 2010年 個展(松坂屋名古屋本店)
       花と旬の贈りもの展(東京・ギャラリー ア ビアント)

   現在  立軌会同人、愛知県立芸術大学名誉教授
笠井誠一画面に戻る
カウンター