ホーム > 現代美術作家 > 川俣正 > 川俣正略歴

川俣正(1953- )


 1953年  北海道三笠市に生まれる 

 1977年  作品発表活動を始める 

 1979年  東京芸術大学 安宅賞受賞 

 1980年  東京芸術大学 サロン・ド・プランタン賞受賞 

 1982年  第2回国際青年ドローイング・トリエンナーレ特別 賞受賞 

 1987年  カッセル「ドクメンタ 8」出品
        サンパウロ・ビエンナーレ出品 

 1992年  カッセル 「ドクメンタ 9」出品 

 1995年  国際連合設立50周年記念展 出品(ジュネーブ) 

 1997年  第3回 ミュンスター彫刻プロジェクト出品 

 1998年  第11回 シドニー・ビエンナーレ出品 

 1999年  川俣 正『ワーク・イン・プログレス、
        豊田市美術館コミッションワークのためのプラン』開催 

  廃材を使って建物を覆い建物を仮設し、町並みににわかに不安の相を与える作品を
  発表し続けた。
  立体空間を素描するかのごとき作品は現代の都市と藝術への批判としても鋭いアイ
  ロニーと前衛性をもち、藝術の新展開に著しい功績を収めた。
川俣正画面に戻る
カウンター