ホーム > 日本洋画作家 > 香月泰男 > 香月泰男略歴

香月泰男(1911-1974)


 1911年  10月25日山口県大津郡三隅町に生まれる
 
 1927年  津和野の実母のもとに、油絵の具の無心状を描き、
        送られてきた油絵の具ではじめて油絵を描く
 
 1929年  川端画学校洋画部に通いデッサンを学ぶ
 
 1931年  東京美術学校油絵科に入学し、藤島武二の教室に学ぶ
 
 1934年  国画会9回展に「雪降りの山陰風景」を出品、初入選
 
 1936年  東京美術学校を卒業
        北海道庁立倶知安中学校(現北海道立倶知安高等学校)に
        美術教師として赴任
 
 1943年  召集礼状を受け、山口市の西部第4部隊に教育召集兵と
        して入隊、第1機関銃隊に配属される

        本召集にきりかえられたのち、満州国(当時)興安北省
        ハイラル市に動員される。 

 1945年  セーヤ収容所に入れられ火力発電の薪づくりに従う
 
 1947年  帰国、下関高等女学校に復職
        山口県立深川高等学校に転任と同時に、郷里三隅町の実家に転居

 1949年  サロン・ド・プランタン賞受賞
 
 1951年  第1回サンパウロ・ビエンナーレに「室内」出品

 1953年  戦後はじめての回顧展を下関市長府博物館で開催

 1959年  この頃から本格的にシベリアシリーズの制作を開始する
 
 1960年  山口県立大津高等学校を退職
 
 1962年  ノードラー画廊(パリ)にて、海外初個展開催
        国画会を退会する
 
 1966年  九州産業大学芸術学部油絵科主任教授に着任
 
 1969年  「シベリア・シリーズ」に対して、第1回日本芸術大賞が贈られる
 
 1971年  第14回安井賞展の選考委員を委嘱
 
 1974年  3月8日心筋梗塞のため逝去 享年62歳
香月泰男画面に戻る