メインページに戻る
      
中川一政ページに戻る

中川一政  埴輪

絵をクリックすると戻ります

絵をクリックすると中川一政のページに戻ります

絵をクリックすると戻ります

絵をクリックすると戻ります

 さきもり(防人)に た(立)ちし あさけ(朝開)の 金戸出(かなとで)に
手ばなれを(惜)しみ な(泣)きしこ(子)らはも 作者未詳 万葉集巻十四 防人歌

現代語訳
防人として旅立つ朝明け方の家の立派な門から出立するに手を離すことを惜しんで泣いた愛しいあの娘よ

戻る