ホーム > 日本洋画作家 > 中川一政 > 中川一政略歴

中川一政(1893-1991)

 1893年 東京本郷に生まれる

 1907年 神田の錦城中学校(旧制)に入学する

 1910年 若山牧水主宰の「創作」に短歌を投稿、掲載される

 1911年 「萬朝報」に自作短編小説「椎の木」が当選受賞する

 1913年 「早稲田文学」に短歌を発表する

 1914年 最初に描いた作品「酒倉」が岸田劉生に認められ、画家を志す

 1915年 「霜のとける道」が当時の新人画家の登竜門だった巽画会展に入選
       岸田劉生が組織した草土社に参加

 1922年 草土社と旧院展洋画部の画家たちが合流して組織した春陽会の発足に加わる

 1925年 アルスから訳書「ゴオホ」を発表する

 1926年 アトリエ社から「中川一政画集」を出版する

 1933年 都新聞に「人生劇場 青春編」(尾崎士郎原作)の連載が始まり、挿画を担当する

 1938年 都新聞夕刊に「石田三成」(尾崎士郎原作)の連載が始まり、挿画を担当する

 1943年 石井鶴三・中川一政水墨画展を京都南禅寺、無隣庵にて開催する

 1949年 真鶴町にアトリエを構え「福浦」「駒ヶ岳」などの制作

 1953年 ニューヨーク経由でブラジルへ
       次いで年をまたいで仏、英、 伊の諸都市を廻る

 1960年 長与善郎・中川一政・武者小路実篤・梅原龍三郎4人展を日本橋三越で開催
       福浦を描いた「漁村凱風」が全国知事会より東宮御所に献納された 

 1961年 歌会始の召人に選ばれ次の召歌を詠進

 1964年 中国対外文化協会の招聘により、日中文化交流協会代表団として訪中する

 1967年 大仏次郎の小説「天皇の世紀」(朝日新聞連載)の挿画を分担執筆する
       この頃から箱根にて描き始める

 1975年 中国文化交流使節日本美術家代表団の名誉団長として訪中
       日本経済新聞に「私の履歴書」を連載する
       文化勲章を受章 

 1986年 中央公論社から「中川一政全文集」(全10巻)が出版される
       松任市立中川一政記念美術館開館 

 1989年 真鶴町立中川一政美術館開館 

 1990年 「中川一政美術館1周年記念展」開催、33点の新作油彩画を発表
       パリ市立カルナヴァレ博物館で「奥村土牛・中川一政二人展」開催 

 1991年 2月5日死去、享年97歳
       真鶴町名誉町民の第1号となる
中川一政画面に戻る