ホーム > 日本洋画作家 > 木内克 > 木内克略歴

木内克(1892-1977)


 1892年 水戸市に生まれる

 1914年 朝倉文夫主宰の彫塑塾に入門

 1916年 第10回文展に「平吉」が初入選

 1921年 渡欧(渡英 ロンドンからパリに渡る)(-35)
       パリのグランド・ショーミエール研究所でブールデルに師事

 1922年 サロン・デ・ザンデパンダンに「猫」他を出品 

 1926年 サロン・ドートンヌに「猫」「立像」を出品 

 1930年 古代ギリシャのアルカイク彫刻に傾倒し、テラコッタの技法を習得する

 1935年 緊迫するヨーロッパの国際情勢を前に帰国を決意
       ナポリ港から日本郵船の榛名丸(はるなまる)に乗船する

       帰国後は二科展をおもな舞台に発表する

 1936年 第23回二科展で特賞受賞 

 1941年 二科会を脱退して文展の無鑑査となる

 1946年 この頃から松平須美子が終生のモデルになる

 1948年 第2回新樹会展に滞欧作を出品

 1951年 第3回毎日美術賞受賞
       第1回サンパウロ・ピエンナーレ出品
       第3回毎日芸術賞受賞 

 1954年 代表作「みつけたポーズ」制作

 1955年 ユネスコ国際造形芸術連盟の美術装飾に選定される 

 1956年 日本の彫刻・近代と現代(国立近代美術館) 

 1958年 第29回ヴェネツィア・ビエンナーレ出品 
       木内克彫刻展(鎌倉近代美術館) 

 1961年 近代日本彫刻の流れ(国立近代美術館) 

 1962年 第5回現代日本美術展で優秀賞受賞 

 1963年 全国彫刻コンクール応募展出品

 1965年 第1回現代日本彫刻展出品

 1970年 紺綬褒章を受ける 
       第1回中原悌二郎賞を受賞

 1972年 勲三等瑞宝章を受ける
       記録映画「土くれ」で文部省芸術祭記録映画部門最優秀賞 

 1973年 近代美術におけるパリと日本(東京国立近代美術館) 
  
 1974年 第29回茨城国体にはモニュメント「女神像」を設置する。
       高村光太郎賞、吉田五十八賞の選考委員を歴任

 1977年 逝去 享年84歳
木内克画面に戻る