ホーム > 日本洋画作家 > 北川民次 > 北川民次略歴

北川民次(1894-1989)

 1894年 静岡県に生まれる

 1910年 早稲田大学予科に入学
       油絵を描き始める。 

 1914年 早大中退
       渡米 

 1917年 ニューヨークのアートスチューデンツリーグで
       ジョン・スローンに師事
       学友に国吉康夫

 1921年 アートスチューデンツリーグ卒業

 1923年 アメリカ南部諸州を放浪
       キューバを経てメキシコへ

 1924年 メキシコのサン・カルロス美術学校に通う

 1925年 チェルブスコ僧院の前期野外美術学校のグルー
       プに入り、オルスコ、リベラ、シケイロスらと
       交流を深める
       トラルパムに開設の野外美術学校に勤務

 1931年 タスコの野外美術学校校長となる 

 1933年 藤田嗣治の訪問を受ける

 1936年 帰国

 1937年 藤田嗣治の推薦を受けて第24回二科展に出品、
       会員となる
       フランス美術偏重の日本画壇に衝撃を与える

 1943年 瀬戸市に疎開

 1949年 名古屋動物園美術学校を開き、51年まで
       小学生に絵画指導を行う

 1951年 名古屋市内に児童美術研究所を開設

 1952年 中日文化賞受賞

 1955年 メキシコ再訪

 1959年 名古屋CBCビルに大理石モザイク壁画制作

 1961年 本間美術館で藤田・北川展開催

 1964年 現代日本美術展優秀賞受賞 

 1966年 飯田画廊、日動画廊(東京名古屋)で個展開催

 1968年 『哺育』で第6回現代日本美術展佳作賞受賞 

 1970年 銅版画の制作を始める

 1973年 画業60年回顧展開催

 1974年 飯田画廊で<バッタの哲学>展開催

 1978年 東郷青児の死去に伴い、二科会会長に推され
       るも同年辞任

 1979年 二科会脱会

 1989年 愛知県で死去 享年95歳
北川民次画面に戻る