ホーム > 日本洋画作家 > 小磯良平 > 小磯良平略歴

小磯良平(1903-1988)


 1903年  7月25日神戸に貿易商の次男として生まれる

 1922年  東京美術学校入学

 1923年  藤島武二教室に入る

 1925年  帝国美術院第6回美術展覧会(帝展)に『兄妹』が初入選

 1926年  在学中帝展に「T嬢の像」出品、特選となる

 1927年  東京美術学校首席で卒業
        卒業制作は「彼の休息」「自画像」

 1928年  渡仏

 1932年  神戸にて初個展
        「裁縫女」が第13回帝展で特選

 1936年  新制作派協会を結成

 1942年  「娘子関を征く」が第1回芸術院賞受賞

 1943年  東京美術学校非常勤講師となる

 1950年  東京芸術大学油画科講師就任

 1953年  東京芸術大学教授に就任

 1971年  東京芸術大学を退官、名誉教授となる

 1973年  赤坂迎賓館の壁画「絵画」「音楽」着手(翌年3月完成)
        勲三等旭日中綬章受賞

 1979年  文化功労者となる

 1982年  日本芸術院会員に推挙

 1983年  文化勲章受章
        「画業60年 小磯良平のすべて展」開催

 1988年  逝去 享年85歳

 1998年  「没後10年 小磯良平展」開催
        (神戸市立小磯記念美術館、兵庫県立近代美術館)
小磯良平画面に戻る
カウンター