ホーム > 日本画作家 > 小泉淳作 > 小泉淳作略歴

小泉淳作(1924-2012)


 1924年  10月26日神奈川県鎌倉市に生まれる

 1943年  東京藝術大学日本画科入学。同年召集
         士官学校での生活で結核発病、そのまま復員

 1948年  東京藝術大学日本画科復学、山本丘人に師事

 1952年  東京藝術大学日本画科卒業

 1962年  陶芸を学び始める

 1969年  最初の個展を東京・京橋 中央公論社画廊で開催

 1976年  陶芸展開催

 1977年  今日の日本画 山種美術館賞展(山種美術館)
        『奥伊豆風景』優秀賞受賞

 2000年  鎌倉 建長寺法堂天井画『雲龍図』完成

 2001年  回顧展『ひとり歩き その軌跡――小泉淳作』展開催

 2002年  京都 建仁寺天井画『双龍図』完成

 2010年  平城遷都1300年光明皇后1250年御遠忌東大寺本坊襖絵完成

 2012年  1月9日に肺炎のため逝去 享年87歳)
小泉淳作画面に戻る
カウンター