ホーム > 日本洋画作家 > 小杉小二郎 > 小杉小二郎略歴

小杉小二郎(1944- )

 1944年  2月27日、東京都滝野川区にて美術史家小杉一雄の次男として生まれる
 
 1956年  東京都新宿区牛込第一中学校入学

 1962年  工業デザイナーの小杉二郎の影響を受け、日本大学芸術学部工業デザイン科に進学

 1966年  叔父小杉二郎のデザイン事務所に通い、車の製作のため横浜マツダに通う
        この頃、加賀豊彦に傾倒し、目白教会で洗礼を受ける

 1968年  再び画家を志し、油彩画の制作を始める
        中川一政の知遇を得、永福町のアトリエに通う

 1970年  中川一政に随い渡仏
        ブルターニュのコンカルノの村外れに一軒家を借りて制作していた
        長谷川潔の知遇を得る
        一時帰国後、冬に再び渡仏してグラン・ド・シュミエール研究所に通う

 1971年  サロン・ドートンヌに[静物]を出品(以後毎年出品)
        フランス上院議員における青年画家特別選抜展にサロン・ドートンヌより推奨
        フランス文化庁買い上げ

 1974年  銀座・彩壷堂にて初個展開催
        [三本の瓶][二つの瓶の静物][アコーディオンとパイプ]等20余点を出品
        
 1975年  第18代安井賞展に[僧院の窓の静物]が入選
        サロン・デ・アルティスト・フランセに[静物]が銅賞受賞
        第14回国際形象展に[マネキンのある静物」]招待出品(以後毎年出品)
        サロン・ボザール展受賞
        
 1976年  東京セントラル美術館にて個展開催
        [P氏の室内][太鼓と瓶の静物][コンカルノの浜辺]等40余点を出品
        パリから45キロ離れたサン・レミの農家をアトリエにする

 1978年  東京セントラル・アネックス、名古屋・丸栄にて個展開催
        [窓辺のヴィオロン][サン・レミの野花][卓上の静物]など50余点を出品


 1980年  東京セントラル・アネックスにて個展開催
        [屋根裏のアルルカン][窓辺の椅子][ジャコブのアンティック]など50余点を出品

 1981年  東京セントラル美術館油絵大賞展で[帽子とドミノ]が佳作賞を受賞
        サロン・デ・ボザールに[静物]出品、フラマン賞を受賞

 1982年  東京セントラル絵画館、名古屋・丸栄にて、個展開催
        [人形のあるオブジェ][窓辺のアルルカン][ジャコブ通り]など40余点を出品
        日本テレビ「美の美」に出演

 1984年  第1回日本青年画家展で[卓上の一人芝居]が優秀賞を受賞

 1986年  第3回日本青年画家展で[卓上の一人芝居]が優秀賞を受賞
        講談社より「静物画技法シリーズ」刊行
        東京セントラル絵画館、名古屋・丸栄にて、個展開催
        [少年の部屋][静物・巴里祭前夜’86][卓上のバイオリン]など30余点を出品
        求龍堂より「小杉小二郎画集」刊行

 1987年  第9回秀作美術展に[巴里祭前夜]出品
        朝日新聞社連載小説。三浦朱門「ささやかな不仕合わせ」のさし絵を半年担当
        求龍堂よりデッサン集「ささやかな不仕合わせ」刊行
        日本橋・三越でデッサン展(朝日新聞社主催)を開催
 
 1988年  東京セントラル絵画館、大阪・梅田近代美術館にて個展を開催
        第31回安井賞展(西武美術館)に[巴里祭前夜]を出品、賞候補となる
        フランスと日本をつなぐグループ展「巴東会」を結成
        
 1989年  前田寛治大賞展(倉吉市立美術館)で[回想A]が佳作賞を受賞
        リトグラフ「巴里の花と果物」刊行
        テレビ朝日「美に生きる」に出演
        東京梅田画廊で個展を開催

 1990年  現美展(東京美術倶楽部)に[壜と静物]を出品
        国際花と緑の博覧会に[サン・レミの野の花]出品
        伊豆高原に小堀酒造の好意でアトリエを建設
        庭にフランスと同じ植物ダリア、三色すみれ、リラ、ミモザなどを植る

 1991年  有楽町アート・フォーラムにて小杉小二郎展(朝日新聞社主催)を開催
        静岡・西武、名古屋・松坂屋美術館巡回
        求龍堂より画集「小杉小二郎」刊行

 1992年  「タカシマヤ文化基金」第2回新鋭作家奨励賞受賞
        日本経済新聞社より「日経ポケットギャラリー小杉小二郎」刊行

 1993年  八象会(日本橋三越)に参加
        小林画廊にてコラージュによる作品展を開催

 1994年  中島千波・小杉小二郎二人展 (東京・名古屋松坂屋)
        秀作美術展に[回想]を出品
        ニューヨークに滞在し、カレンダーを制作

 1995年  ほおづえ会(脇田和・宮崎進・住吉弘人・鈴木治雄・沼田早苗)に立体を出品


 1996年  NHK教育「連画−アトリエを飛び出した画家たち」が放送される
        彌生画廊にて個展を開催

 1997年  相模屋美術店にて森田りえ子・小杉小二郎二人展を開催
        彌生画廊にてコラージュ展を開催
        NHK「土曜日の朝−パリ・郷愁の風景」に出演

 1998年  父・一雄(早稲田大学名誉教授)が急性肺炎のため死去
        東美特別展・彌生画廊にて岩彩展を開催

 1999年  NHK「新・日曜美術館−セザンヌを訪ねて」に出演
        彌生画廊にて個展を開催
        西武高輪会にて個展を開催

 2000年  フランス、サン・レミのアトリエを立ち退く
        日本経済新聞社連載小説「発熱」のさし絵を担当

 2001年  「銀座百景」の表紙絵を脇田和に代わって担当
        東美特別展・彌生画廊にて聖書物語展を開催
        NHKラジオ「素敵なあなた」に出演

 2002年  致道博物館にて「小杉小二郎の世界展」を開催

 2003年  週刊朝日の堺谷太一エッセイ「時の正夢」の挿絵を描く
        東美アートフェアにて版画集「聖書物語」展を開催

 2004年  パリのアトリエを12区に移転
        東美特別展にて「小杉小二郎展−聖書物語−」を開催

 2005年  日本経済新聞社より「小杉小二郎作品集」が刊行
        アートフェア東京にて新作展を開催
        日経新聞社主催により「巴里 穏やかに時は流れ 小杉小二郎展」を開催
        (東京・名古屋・京都を巡回)

 2006年  [月・追憶]が第29回損保ジャパン東郷青児美術館大賞を受賞
        東美アートフェアにて「小杉小二郎展−『絵のない絵本』の世界−」を開催
        小杉放菴記念日光美術館、諏訪市美術館、小川美術館にて小杉小二郎展を巡回

 2007年  東美特別展にて「小杉小二郎−聖書物語−」を開催
        近鉄百貨店七十周年記念として「小杉小二郎展」を開催

 2008年  小川美術館にて「小杉小二郎展」を開催
        損保ジャパン東郷青児美術館大賞受賞記念小杉小二郎展−巴里・漂う時の流れ開催 
        大丸札幌画廊オープニング記念、小杉小二郎展

 2009年  虹の会(日本橋三越本店)

 2010年  横須賀美術館「ワンダーシニア30」
        「21世紀展」(東京美術倶楽部)
        小杉小二郎コラージュ・立体展(フジヰ画廊)
小杉小二郎画面に戻る
カウンター