ホーム > 日本画作家 > 小山硬作品ページ > 小山硬之略歴

小山硬(1934−)


 1934年  熊本県に生まれる 

 1961年  東京芸術大学美術学部日本画科卒業

 1963年  東京芸術大学専攻科修了
        前田青邨に師事(青邨最後の弟子)
        第46回院展に初入選(以後出品)

 1967年  キリシタンの伝統と信仰の姿を描く「天草シリーズ」を展開

 1968年  愛知県立大学日本画科助手

 1970年  院展で奨励賞受賞、春季展賞受賞(’72)

 1971年  第56回院展で大観賞受賞

 1972年  2年連続奨励賞受賞(’73)

 1973年  奨励賞受賞(’74,’78)
        第2回山種美術館賞展で優秀賞受賞

 1977年  文化庁海外派遣研修員としてヨーロッパ留学

 1978年  第63回院展で大観賞受賞

 1979年  院展で奨励賞受賞、春季展賞受賞、日本美術院同人に推挙
        愛知県立大学日本画科助教授就任

 1981年  第66回院展で文部大臣賞受賞
        愛知県立大学日本画科教授就任

 1988年  現代日本画の俊英-小山硬展開催
        第73回院展で内閣総理大臣賞受賞

 2007年  愛知県より教育文化功労賞を授与される

 2008年  悠久のロマン 小山硬展(名都美術館)

        現在: 日本美術院同人・愛知県立芸術大学名誉教授    
小山硬画面に戻る
カウンター