ホーム > 日本画作家 > 工藤甲人 > 工藤甲人略歴


工藤甲人(1915−2011)

 1915年  青森県弘前市に生まれる(本名儀助)

 1934年  川端画学校日本画科に入学

 1939年  第2回新美術人展で「樹夜」が受賞
        この頃から福田豊四郎の研究会に出席 

 1940年  軍隊に応召 

 1945年  郷里に帰り、福田豊四郎の呼びかけに応じて制作活動を再開 

 1950年  第3回創造美術展に「蓮」を出品 

 1951年  第1回新制作展で「愉しき仲間(1)(2)」が新作家賞受賞 

 1956年  第20回新制作展で「冬の樹木」「樹木のうた」が新作家賞受賞

 1960年  東京国立近代美術館の「日本画の新世代展出品」

 1963年  第7回日本国際美術展で「枯葉」が神奈川県立近代美術館賞受賞 

 1964年  第6回現代日本美術展で「地の手と目」が優秀賞受賞 
        新制作協会日本画部(現創画会)会員に推挙

 1971年  東京芸術大学助教授に就任(〜78) 
        青森県褒賞受賞 

 1978年  東京芸術大学教授として後進を指導(〜83)

 1979年  弘前市県外在住文化功労者表彰 

 1982年  東京芸術大学陳列館で同大学退官記念展開催
        第1回美術文化振興協会賞受賞 

 1983年  弘前市博物館で回顧展開催
 
 1987年  有楽町西武アート・フォーラムで回顧展「工藤甲人展」を開催
        (日本経済新聞社・西武美術館主催) 

 1988年  沖縄県立芸術大学客員教授
        芸術選奨文部大臣賞
        神奈川文化賞受賞 

 1989年  勲四等旭日小緩章受章
        弘前市県外功労者表彰。 

 1990年  銀座・シライシ画廊で新作個展開催 

 1991年  「画業50年・工藤甲人展─夢幻の彼方から」を東京,平塚,奈良で開催 
        (日本経済新聞社・平塚市美術館主催)

 1992年  日本橋三越個展では屏風6点を中心に新作を発表
        毎日芸術賞受賞 

 1993年  三田共用会議所に陶板画「山野光礼賛」完成
        青森松木屋で回顧展
        青森・ビブレで新作展開催。 

 1994年  群馬県水澤寺山門天井画「白龍・蒼龍」制作 
 
 1996年  弘前市名誉市民 

 2011年  7月29日、老衰のため神奈川県平塚市で死去。享年95歳

 自然の昆虫や小動物、植物の葉などを繊細な描線で描き、その周りを群青などの単色の
 岩絵具で色面を大きく取り、装飾的に感じるような構図で表現した
工藤甲人画面に戻る