ホーム > 近代美術作家 > ローランサン > ローランサン略歴

マリー ローランサン(1883-1956)
Marie Laurencin


 1983年  パリで私生児として生まれる

 1893年  パリのリセ・ラマルティーヌ高校に入学 

 1902年  女子師範学校の準備を止め、製陶所で磁器の絵付けの講習に通う
 
 1903年  画商アンリ=ピエール・ロシェと出会う 

 1904年  リセ・ラマルティーヌ卒業
        画塾アカデミー・アンベールに入り、ジョルジュ・ブラックらと出会う 

 1905年  ブラックを介して、モンマルトルにあったバトー・ラヴォワール(洗濯船)で
        パブロ・ピカソや詩人で美術評論家のギヨーム・アポリネールと知り合う

 1907年  ギョーム・アポリネールと恋に落ちる
        アンデパンダン展に初出品 

 1908年  「狩りをするディアナ」製作 

 1909年  「アポリネールとその友人達U」を発表 

 1910年  「乙女たち」を描く。 

 1911年  ニコル・グルーと出会い、生涯の親友になる
        アポリネールがモナ・リザ盗難事件の容疑者(無罪)として警察に拘留
        されている間にローランサンのアポリネールへの恋愛感情も覚め、訣別

 1912年  パリのバルバザンジュ画廊において初展覧会
        「家具付きの貸家」製作

 1913年  母ポーリーヌ死去
        ドイツ人画家、オットー・フォン・ヴェッチェンと出会う
        「読書する女」「アンドレ・グルー夫人ニコル」製作 

 1914年  ヴェッチェンと結婚し、スペインへ亡命 

 1916年  バルセロナへ転居
        アポリネールが戦争で負傷 

 1917年  ピカビアの主催するダダの雑誌「391」に挿絵を提供 

 1918年  アポリネール死去 

 1920年  デュッセルドルフへ転居 

 1921年  パリへ転居
        ロザンベール画廊での個展が成功する 

 1922年  ヴェッチェンと離婚 

 1923年  肖像画を描き始める
        ジャン・コクトー台本の「牡鹿」舞台装置と衣装を担当 

 1925年  シュザンヌ・モローと同棲 

 1932年  「パリ16区のアトリエ」にて教鞭をとる 

 1949年  ポール・モイリアン書店にて「友人達の肖像展」を開催 

 1951年  「セーヌ川の顔」発行 

 1954年  シュザンヌ・モローを養女に 

 1956年  パリにて心臓発作で死去 享年73歳
ローランサン画面に戻る